August 01, 2006

シルクロード紀行 青海、西寧、ラサ

Silk39_2

たまたま本屋で見つけました。『シルクロード紀行 青海、西寧、ラサ』前からこのシリーズはチェックしてたんだけどお題がシルクロードなもんでまさかチベットは扱わんだろうなとは思ってたら例の”NHKスペシャル『新シルクロード”がらみ?っちゅうことでラサまで無理やりシルクロードにしちゃってます。

この本の中でで1つ気になったのが黄金のタール寺想像図。まさか金閣寺じゃないんだからチベット人の感覚で黄金に輝く建物を建てるのは考えにくいんだけどな。確かにジョカンとかポタラなんかで金色の屋根はあるけど建物全部金色にするぐらいなら仏像とかチョルテンとかにお金をかけるんじゃないの?

他にもチベットにまつわる人物として寺本婉雅の紹介。今ひとつチベット入りした第一世代の川口慧海や能海寛に比べたら影の薄い気がするけど彼がダライラマ十三世とコネをつけてくれたおかげでその後の青木文教や多田等観がチベットに入ることを許されて優遇されたという功績はあると思うんだけど自信ないので詳しい方に突っ込みをいれてもらえると嬉しいです。

そしてこの本のメインとも言える?のが渡辺一枝さんによるチベットの歴史や文化の紹介で薄い雑誌なのにけっこうなページを割いてます。流石と思ったのは渡辺さんは幼いころからチベットに興味があってあだ名が”チベット”だったらしい。やっぱり筋金入りだったんですね。

そういや以前友人の家に遊びに行った時に、以前そこの中学生になる娘に『何かアジアっぽいものが欲しい』とおねだりされてたので今回ネパールで買ってその後放置してあったアクセサリを持って行ったついでにチベットの本もあげたら、口では感謝していたけど帰る時にはその本は部屋に放置したままになってた・・・。

ち、洗脳しそこなったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

五体投地でプロポーズ

サンプラザ中野さん初の小説出版インタビューでの話。

『藤井隆 さんは乙葉さんに土下座でプロポーズしたそうですがサンプラザ中野さんはどんな風にプロポーズしますか?』(相変わらずバカバカしい質問だ)

という問いに対してサンプラザ中野さんの答えは・・・。

『チベットで五体投地しながら相手の足首つかんでプロポーズします・・・。』

チベ者の独身女性の方々、こんなプロポーズいかがでしょう?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 14, 2005

使節?工作員?劉曼卿

先日、古本市で1冊の無茶苦茶古いチベ本を入手しました。
昭和14年(1939年)出版で”西蔵・西康 踏査記”という本ですが、内容は女性でありながら単身で1929~1930年にチベットへ。そして1932年に雲南省の調査を行った劉曼卿の記録です。

app0001a

旧仮名遣いで非常に読みにくくてまだ全部読んでないのですが、劉曼卿は漢語とチベット語の両方に長けていたために当時国民党の蒋介石から見込まれて命を受け、重慶からカムを抜けてラサに到達した後にダライラマ13世に謁見して国民党との復交を説得した後シッキムに抜けたようです。

app0001b

この本が出版された1940年頃は日本人の青木文教や矢島保次郎らがラサを離れた後で、かつ西川一三や木村肥佐生、野本甚蔵氏らがラサに入るまでの空白の時間だったのでチベットの状況を知りたかった日本としてはかなり貴重な情報だったのではないかと思われます。

私は彼女の存在は知らなかったのでこの新たな本の発見に衝撃を受けたのですが、調べてみたら1986年に”女性大使チベットを行く 中国辺境歴史の旅”という題名で再出版されていました。

たぶん現代仮名づかいになってて読みやすいんやろなあ・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 29, 2004

TIME誌「アジアのヒーロー2004」

TIME誌のホームページで2004年アジアンヒーローのオンライン投票を行っています。
現在、第1位はビルマのアウンサンスーチー女史。そして第2位はダライラマです。
あと候補者で日本人は唯一”北朝鮮拉致問題”の横田早紀江さんが入っています。

他に知ってるのはコラソン・アキノ氏と金大中ぐらいなんだけど(世界に疎いのかバレバレ)基準がよくわからん。
最近何かしましたっけ?

main_splash_new.jpg

発表は2004年10月4日にTIMEのウェブサイトで発表される予定ですのでレッツ投票!
よかったらダライラマ法王か横田さんに一票よろしゅう!!

投票はこちらから
(日本語訳)

追伸
マジックマッシュルームかいな・・・。
(日本語訳)

| | Comments (0) | TrackBack (0)