April 18, 2008

チベットと中国株

チベット問題で先進諸国を敵にまわした上に人民を煽るようなことばっかり言ってる最近の中国の報道を見ていると”これは何か裏があるんじゃないか?”と思いつつふと中国の株式市場を見てみた。

Kabu

・・・どれもむちゃくちゃ暴落してるやん。

素人ながらも思うのは、これってもうすでにバブルの崩壊が始まってるってことじゃないの?この下がり方はすごいことになってるけど、あんまりニュースになってない。確かに昨年秋頃から下がり始めているのでサブプライムローンの影響だと思うけどチベット問題もあって外資が逃げ出し始めてるんじゃないかと思う。

昨今の中国でのフランス製品の不買運動等々、人民の意識を外に向けさせることで内部への視線をそらせてるというのは考えすぎか?そうするとチベット動乱は中国政府にしてみたら渡りに船???

考えすぎかな・・・・?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 29, 2004

あじあ号ふたたび・・・?

先日4日間で大連と瀋陽に行ってきました。
今回の旅の第一目的は、瀋陽に昨年出来た博物館に行くことでした。

pashina.jpg

瀋陽の町からタクシーで小一時間走った郊外に”沈阳蒸汽机車博物館(瀋陽蒸汽機車博物館)”があります。
ここには、中国の大陸の100年ほどの歴史を文字通り走り抜けて来た世界各国製の機関車が展示されています。

そしてそこの目玉がこのブルーの車体の勝利7型(日本名:パシナ型)機関車です。これは日本統治の時代である1934年川崎重工製で作られて以来、大連~長春(旧、新京)を走っていた特急”あじあ号”を牽引していました。

そしてその頃に構想のあった、下関から海底トンネルを通って朝鮮半島、そして北京まで走る“弾丸列車計画”もこのあじあ号がモデルになっています。そして戦争が終わり日本国内に高速列車が必要だと言うことで生まれた新幹線もこの“弾丸列車計画”が元になっていると言われています。

つまりこのパシナは今の新幹線のおじいちゃんということですね。

その新幹線が来年10月から台湾を走る予定です。
車両は今走ってる700系(かものはしみたいなやつ)のマイナーチェンジ版

topi040130_2

それに追いつけ追い越せで4年後の北京オリンピックに向けて中国も、北京~上海の高速鉄道を建設すべく各国と交渉中であり、日本の新幹線もその中に入っています。(日本のリニアモーターカーもそのうちに入ってるとか?)
しかし、新幹線の中国でのライセンス生産等その条件は最悪らしくJRも腰が引けてたようですがそれでもつきあいで入札しているようです。

”あじあ号ふたたび・・・”とは思いながらもなるべくなら実現して欲しくないなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)