November 14, 2008

飼いユキヒョウ

猫として飼われていた国家級保護動物とは…―新疆ウイグル自治区

2008年11月12日、亜心網によると、新疆ウイグル自治区の牧畜民が、草原で2匹の“子猫”を拾い飼っていたが、成長するとまるで豹のような姿に…専門家の鑑定で国家1級保護動物の「ユキヒョウ(雪豹)」と判明した。

ユキヒョウと知らずに“猫”を飼っていたのは、伊寧県郊外の村に住み牧畜業を営む張(ジャン)さん。今年5月、張さんは放牧をしている際に拾った“子猫”2匹を連れて帰り、家でペットとして飼っていた。ところが、成長するにつれて“猫”はみるみる大きくなり、まるで豹のような姿に。「これは猫ではないのではないか」とは思ったものの、ユキヒョウを見たこともなく、何となく変だと思うばかりだった。

ところがある日、張さんの飼っている羊が“猫”に喰い殺されるという事件が起き、さすがに張さんも「おかしい」「猫ではなく、やはり豹なのでは」と思い、専門家に鑑定してもらったところ、国が1級保護動物に指定しているユキヒョウであることが判明。現在、体重は15kgほどで、毎日4~5kgの肉を与えているが、「エサ代だけでもかなりの負担で、もう飼い続けられない」と話しているという。

しかし、ユキヒョウは保護動物にも指定されるほど貴重な動物。売るわけにも、捨てるわけにもいかないため、現在もこの2頭を飼い続けているが、ほとほと困り果てているという。(翻訳・編集/岡田)

Yuki

ウィグルにも雪豹がいるんですね。餌代がむちゃくちゃかかるということなので結局動物園に引き取られてしまうんだろうか?でも出来たらなんとかして自然に帰して欲しいもんですね。なんせユキヒョウはチベットの象徴的な動物だから彼らだけでも囚われの身にはなって欲しくないもんですな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 24, 2008

オージーGJ!

五輪=豪人権団体、チベット支持のアスリートに「人権セット」贈る

2008年 07月 15日 15:24 JST

[キャンベラ 14日 ロイター] オーストラリアの人権団体が14日、北京五輪でチベット独立と人権尊重を訴える同国のアスリートと支持者たちに「人権セット」を贈った。セットの内容は、チベット支持の文言がプリントされたTシャツやバッジ、ステッカーなど。 同セットを企画したオーストラリア・チベット・カウンシルは、チベットを支持するアスリートから注文があったと説明。ただし、人数は明らかにしていない。

人権を支持するオーストラリアのアスリートでは、自転車選手のカデル・エバンスが有名で、同選手は現在総合首位に立つツール・ド・フランスで、レース中にユニフォームの下から「フリー・チベット」とプリントされたTシャツをのぞかせている。

さて、中国でどれくらい中継が中止されるのか見ものですな。

--------------------------------------------------

VOICE FOR TIBETのTシャツを着るカデル・エバンス。公式サイトにもフリーチベットのリンクが張ってあります。

98796_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2008

バイマーヤンジンさんの家族の無事確認

ペマヤンジェン(バイマーヤンジン)さんのご家族の無事が確認されました。何はともあれよかったですね。

今日の早朝3時に、実家から「全員助かった!」と電話がありました。
兄と次男は理県の近くで、甥二人と姪はブンセン県で、それぞれ無事が確認されたそうです。

http://blog.goo.ne.jp/yangjin1/d/20080517

昨日募金にお勧めの組織ということでいくつか上げましたけど、勧めた理由は寄付した組織の人達が直接現地に入って支援してくれるかどうかにあります。

国境なき医師団AMDAはもうすでに現地に入って対応しているようなので寄付しても無駄なく使ってくれると思います。ただ赤十字に関しては日本赤十字は当然信用できますけど、彼らが現地に赴くわけではなく中国の赤十字の組織”中国紅十字会”にお金をそのまま渡す可能性が非常に高く、その後お金がどのように使われるか全くわからないのでプライオリティは下がるわけです。同様にTV各局も募金を募っているようですが、どこで何に使うかのの説明がなくせっかく募金してもどこに行ってしまうのかわかりません。

またヤンジェンラが募集している”チベット学校建設推進協会”に関しては、今すぐ何か対応するかどうかはわかりませんけど、今後8月に本人が行くと言ってますし長期的に復興時にはお金を有意義な使い方をしてくれるだろうと期待を込めてお勧めしています。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 16, 2008

四川省大地震の募金

どんどん犠牲者の数が増えてますね。3日経ってこれから日本のレスキューが現地入りですか?受け入れが遅すぎるよ。どうにもならなくなったのか?それとも見られたくないものをようやく隠せたのだろうか?どっちにしろこの対応の遅さは阪神大震災を思い出させます。『今まで経験無かったから・・・』というのはしょせん言い訳ですよ。

そんな中、自分にできることということでとりあえず募金をしようと思い立ち、さてどこにするか?変な団体にすると日本では天下り社員の給料になったり、中国では役人がピンハネしたりするんでどうしようと思ってたらペマ・ヤンジェン(バイマーヤンジン)さんが寄付の募集をかけ始めていました。

四川省大地震救援のため、ご協力お願いいたします!

今も学校の倒壊によりたくさんの子供が傷つき、亡くなっています。
困っている人がいれば、民族に関係なく、手を差し伸ばさなければなりません。

チベット学校建設推進協会としても支援活動をすることにしました。

四川省大地震救援金のご寄付
郵便振替 
口座番号 00980-6-144786
口座名称 チベット学校建設推進協会
※郵便局にある「払込取扱票」の通信欄には必ず「四川省大地震救援金」と 明記してください。

まずバイマーヤンジン自ら100万円を出し、最初の救援金とさせていただきました。今年の8月には被災地に向かう予定です。
皆様のご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。

ヤンジェンラの日記によるといまだ、お兄さんも甥も姪も行方不明のままのようで非常に心配です。私も昨年義弟が行方不明になって捜索した経験があったこと思い出してしまいました。(残念な結果になりましたが・・・)とにかく無事を祈っています。

あとインターネットでいろいろ見てると信頼できそうなところは、国境なき医師団AMDAでその次に赤十字のようです。

私は明日チベット学校建設推進協会にお金を振り込んできます。これを読んだみなさんもこれらのどこの組織でもいいので小額でもご協力お願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 12, 2008

チベット亡命医師の手記/四川省で地震

チベット人で日本の医師である西蔵ツワンさんの手記が現在発売中の文芸春秋に載っています。

チベット亡命医師の手記 

私は見た 中国の「洗脳・密告・公開処刑」

7歳の少年は「ダライ・ラマは反逆者」と教えられた

西蔵ツワン(武蔵台病院副院長)

西蔵さん1952年シガツェ生まれで、1959年の動乱当時は7歳でもろ中国の洗脳教育を受けていましたが、その後父親に騙されて?インドに亡命することになったそうです。その後は難民キャンプからインドの英国式パブリックスクールへ。そして故・木村肥佐生氏の導きで日本留学して医学の道を志されました。

西蔵さんには先日の埼玉県鴻巣市のチベットのイベントで仕事で忙しいところを来ていただき、チベット問題の話だけでなく通訳もしていただいたのですが、非常に温和な方でこのような激動の半生を送られたなんて微塵も感じさせません。

とにかく読みごたえはありますのでお勧めします。

------------------------------------

四川省で大地震だそうですね。震源地はアバで100KMも離れている成都でもかなりの死者が出てるとか。ただ都市部は救助も復旧も早いでしょうが、震源地のアバも含めこの周辺のアムド・カム地方の人達の安否が気になります。現在この地域は外国人の立ち入りが禁止されているそうなので、ここにちゃんと外国人を入れてくれるのか気になります。ビルマみたいなことにならなきゃいいけど。とにかく漢人、チベット人、その他の民族の方も分け隔てなく亡くなられた方にはご冥福をお祈り申し上げます。またこれ以上の被害が出ないように中国政府には迅速かつ柔軟な対応をお願いします。

ただ今回の地震の原因は、チベット動乱の影響で坊さんがお勤めできなくなって羅刹女が暴れちゃったのかも?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

また捏造か?

ダラムサラから帰ってきました。

今回エアーは中華系を使ったんだけどデリーに着いたとたんに迎えに来てくれたチベタンから早速嫌味を言われた。だってチケットを取ったときはこうなるとは思ってなかったんだからしょうがないやん。

だから帰りには中国御禁制の品がてんこもりだったもんでドキドキ。まあ大きな荷物はトランジット先の上海で受け取ることがなかったので大丈夫だったけど、宿泊が必要なチケットだったら心臓バクバクもんだっただろうな。

ただおかげで面白いネタを拾うことができました。

なにげなくデリーで飛行機に乗る時に取った中国語の新聞を見て、「ふーん、エベレストに聖火が上がったんか。でもほんとかねー」と思ってよく見たら”これコメントに頂上って書いてあるけど後ろにエベレストが写ってるやん!?”

Seika

帰ってきてこのニュースの写真を見たらこの右下の部分のトリミング写真のようですな。

0805080038_600

下の写真も後ろのこんもりしたタルチョを巻いた小山から 同じ場所に見える。こんな低いベースキャンプから酸素マスク使ったらもったいないよ。www

0805080034_600

おまけでCNNの映像。人物の位置関係をみても同じ場所ですな。一番手前で背中を向けてる人もちらちら写ってます。

ただこの新聞の写真もちょうと凹んでいる部分のタルチョに違和感があったり、強風の中快晴のエベレストが見えるか?等々でこっちの方が合成っぽいんだけどね。

ただ映像ではエベレストの頂上の割には風が弱いとか言われているし、”ここが頂上だ”と言われてもモニュメントなんて無いだろうから証拠なんてないもんね。

こないだ月の裏側写真で捏造ばれても開き直ってるぐらいだから何でもありだろうし。

まあ、

『エベレストの頂上に聖火が灯りました・・・。』

『そうですか・・・』

ぐらいのもんだな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 18, 2008

チベットと中国株

チベット問題で先進諸国を敵にまわした上に人民を煽るようなことばっかり言ってる最近の中国の報道を見ていると”これは何か裏があるんじゃないか?”と思いつつふと中国の株式市場を見てみた。

Kabu

・・・どれもむちゃくちゃ暴落してるやん。

素人ながらも思うのは、これってもうすでにバブルの崩壊が始まってるってことじゃないの?この下がり方はすごいことになってるけど、あんまりニュースになってない。確かに昨年秋頃から下がり始めているのでサブプライムローンの影響だと思うけどチベット問題もあって外資が逃げ出し始めてるんじゃないかと思う。

昨今の中国でのフランス製品の不買運動等々、人民の意識を外に向けさせることで内部への視線をそらせてるというのは考えすぎか?そうするとチベット動乱は中国政府にしてみたら渡りに船???

考えすぎかな・・・・?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 05, 2007

計画出産政策の最先端?

070804_3

中国政府、チベット高僧の転生に事前申請を要求

【8月4日 AFP】中国政府は、輪廻転生を続けるとされるチベットの高僧(活仏)が転生する際、政府の許可なしの転生は認めないことを決定した。国営新華社通信(Xinhua)が3日、報じた。

 新条例は9月1日より発効され、以降すべての転生は宗務課への申請および許可が必要となる。新華社通信によれば、条例は「活仏の転生の管理を制度化するうえで重要な措置」だという。

 中国共産党は、信仰の自由を表向きは認めているが、実際はチベット仏教を含むすべての宗教を厳しく規制する。

 チベット仏教では、高僧は何度も輪廻転生を繰り返すと信じられているため、活仏の存在は非常に重要視されている。

 転生者は通常、数人の候補者の中から高僧らによって選定される。1995年にダライ・ラマ(
Dalai Lama)にパンチェン・ラマ(Panchen Lama、ダライ・ラマに次ぐ地位)として指名された6才の少年は、中国政府によって身柄を拘束されたままとなっており、代わりに中国政府が別の少年をパンチェン・ラマとして認定した。同国政府は、チベット仏教の権力者を自ら選定することで同地域を事実上の管理下に置きたい考えだと見られている。(c)AFP

そしてその結果がこれ。

チベット族が中国当局と衝突 「転生」の許可制導入直後

2007年08月04日20時10分

 中国四川省西部の甘孜チベット族自治州理塘県で1日、恒例の競馬会会場でチベット族の住民が群衆にチベットの独立などを訴えたことをきっかけに、チベット族住民と治安当局が衝突したことが分かった。地元公安当局者が明らかにした。

 数千人が参加した競馬会の開幕式で住民の一人が突然舞台に上がり、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の復帰や民族の団結などを訴えた。参加者らは歓呼の声で応え、100人前後の住民が公安や武装警察と衝突。香港紙「明報」などによると、治安当局は威嚇射撃をして約30人を拘束、怒った住民約200人が留置施設を囲んで釈放を求めたという。

 地元公安当局者は「拘束したのは舞台に上がった1人だけ。発砲もない」と説明。成都市公安当局幹部が現地に入って住民と協議しているが、「なお緊張した状態が続いている」としている。

 中国政府はチベット仏教の活仏の後継者を選ぶ「転生」の手続きを巡り、政府当局の許可権限を明確にする規則を公布したばかり。ダライ・ラマ14世の影響力を排除する内容になっている。

現在のダライラマは『中国占領下では転生することはないし、チベット人がダライラマはいらないと思ったらもう転生しないかもしれない』って言ってるのですでに中国に利用されないように先手は打ってあるにしても、あの手この手でパンチェンラマのように次のダライラマを利用しようとしてるのは見え見えですな。

しかし『宗教は毒(麻薬?)だ!』と言った毛沢東の時代よりは少しは宗教に対する扱いがましになったものの転生まで管理体制とは。もともと宗教の存在自体を否定する社会主義で転生を許可するというのも矛盾した話ですわ。

そもそも何を基準に転生者を認定するの?中国の役人が転生者に対して転生前の持ち物の照合とかするんかいな?いやいや、転生は宗務課への申請および許可が必要”ということは次にどこに生まれるか許可が無いと死ねないということか。

ほんと来世も管理してしまう中国ってある意味すごいわ。一人っ子政策なんて甘い!甘い!これって計画出産政策の最先端を行ってると言ってもいいかも。www

それにしてもやっぱりカムは熱い。しかもリタンですか。さすがに歴代ダライラマを3人も出してるだけあって転生にこだわりが強いんだろうか?そういや最近でも四川省稲城で冬虫夏草をめぐるデモで死者も出てました。おそらくチベット自治区内に比べて四川省内は規制がゆるいんじゃないかと思うんだけど、それ以上に荒っぽいカムの気性のせいですかね?ちょくちょくデモの話を聞きます。

まあ日ごろの不満が爆発して少々暴れてもいいけど死者やらケガ人やら逮捕者が出ないこと祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 31, 2007

まさかルンタで・・・?

Imgout

今注目の観光地チベット、聖地であることをお忘れなく!Record China

2007年7月、チベットを旅行する観光客が急増している。交通手段が良くなり、にわかに注目度が高まっている。チベット仏教の聖地、ラサでは寺院めぐりが観光の目玉だが、気づかないうちに犯してしまうタブーもあるので気をつけたい。いくつかご紹介すると…。

寺院内は禁煙。仏像やお経を手で触らない。鐘や太鼓を鳴らさない。ラマ僧が身につけているお守りや念珠を触らない。回転させると読経の代わりになるという転経筒を逆回しにしない。

生活習慣では、他人から物を受け取るときには必ず両手で受け取る。手で他人の頭を触らない。子どもの頭をつい「いい子、いい子」と撫でてしまいそうになるがこれはタブー。テントの中では男女混合で座ってはいけない。男は左、女は右に分かれて座る。足を投げ出して座らない。

戒律上、ロバ・ウマ・犬の肉は絶対に食べない。習慣で鶏・魚・エビ・鶏卵は食べないので無理に勧めないこと。チベット文字が書かれた紙をティッシュ代わりにしない。(翻訳・編集/WF)

習慣で魚は食べないというのは聞いたことあるけど鶏を食べることはあるんじゃないかな?ただ食べない項目に犬が入ってるのはなんとも中国らしいというか、ラサにも犬料理屋なんてあるんかいな。

あとマニ車を逆回ししてるのはたまに見るしこれを注意するのはわかるけど、喫煙とかいくらなんでも中国人にも仏教徒は多いんだからお寺での最低限のマナーぐらいはと期待するのはやっぱり無理なの?

それとチベット文字が書かれた紙というのはルンタのこと?それをティッシュ代わりということはまさか・・・あんまり想像したくないけどやりかねんわ。

しかしまあ、つい最近までの”チベット=野蛮”のイメージが今や”あこがれの地”ですか?

ちゃんとチベットの現状を理解してくれるなら行ってもらってもいいとは思うけど最低限のマナーだけは守ってほしいもんですわ。

無理?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2006

ア・カ・マ

200607240021a1

ア・カ・マの文字も作成可能。将来、法王の転生者探索の際には是非どうぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧