« January 2012 | Main | September 2013 »

August 31, 2013

チベット・アムド旅行2013年夏(成都~ゾルゲ)

早朝、成都の宿からタクシーで郊外の茶店子バスターミナルに行ったが、このあたりまで来ると昔とあまり変わってないような感じがする。
6時から切符の売り出し開始ということで扉が開き、急いで切符売り場に行って「ルオーガイ(ゾルゲの中国語名)一票(一枚)!」と言うと「没有」という答え。

「え?売り切れ?」と聞き直すと周りの人が、そうじゃなくてバスの便が無いと教えてくれた。どうやら当初懸念していた通りに7月初の洪水のせいで交通網が麻痺しており、まだまともにバスが走っていないという状況らしい。

こうなった時にどこからか現れるのが、闇バスの客引きである。ついて行ってみるとターミナルの端にワゴン車が止まっておりすでに何人か乗り込んでいた。金額はバスよりちょっと高かったが他に手段もないので乗り込み、やがて出発。

数時間走ったところでかつて四川大地震のあった汶川のあたりに近づいて来たと思ったらいつの間にか立派なバイパスを走っている。10年ほど前に来た時はこのあたりはのどかな川沿いの道だったと思うが、2008年の地震後に埋まった町の上に無理やりバイパスを作ったようである。

Img_75501_2
最近まで土砂で埋まっていたバイパス。

Img_7561_2
崩れた橋と家。

やがて、渋滞につかまり停車。はるか先には地滑りの跡が見える。今日中に着けるんかいな?と思っていたら、交互通行になっているらしくやがて車は動き始めた。

汶川の町でなぜか立派なバスに乗り換え。以前、中国のバスはバス会社が持っているんじゃなくて、バスのオーナーがバス会社にバスを貸していると聞いたことがあるが、非常時なので結局バスオーナーが闇バスをやっているということだろうか?

その後は順調に、茂県、松潘を抜けて行く。このあたりは、チベット系チャン民族の住むエリアで何に使っているのかよくわからない石積みの高い塔が立っていて、のどかな村が多いエリア・・・のはずだったが、かの有名な九寨溝に続く道のせいか今はどこも観光化されすぎてその面影は一切無くなっていた。

Img_7575

Img_7568
寒村が今や観光名所になっている。
Img_75741_2
途中で見つけた看板「仏陀の中国共産党万歳」って・・・??

川主寺の分岐を過ぎれば、やがて大草原が見えてくる。4年ぶりに見る風景に久しぶりの友達に会った気分で口元がにやけてしまう。

その日の夕方には無事にゾルゲ到着。途中でいろいろあって順調ではなかったけど昔はバスがパンクやら壊れるのはあたりまえだったので、それに比べたらずいぶん順調に着いたように思える。
 
Img_75971_2
メインストリート。こんな感じだったっけ?

Img_7633_2
町中にはソーラー充電式の街灯もある。
 
早速、安くて居心地のいい宿を見つけて荷物を置いて町を散策。10年前は写真をあまり撮っておらず記憶もあやふやなので「こんな町だったっけ?」という感じ。とりあえず前にも行ったことのある郊外のタツァゴンパの大量のマニ車を回しに行く。
自分の知る限りこれ以上マニ車が続くお寺は無いのでこの際だからと数えながら回してみた所、壊れているのを除いて全部で1145個。まあ大変でした。
Img_7600

Img_7601_2

Img_7609_stitch1_3
この一周全部の通路にマニ車が収められている。
ゾルゲの町を散策していて1つ気がついたことがあった。それはモモが食べたいと思ってチベットレストランを探してみたらほとんど無いことである。1軒だけ見つけたが高そうな店だったので入るのを躊躇したのだが、他はどこも中華料理の店ばかり。当然チベット人もそこで食べている。確かに中華料理に比べてチベット料理はバリエーションに乏しいとか、元々外食の文化があまり無いとかあるが、ここまで無いとは流石に驚きだった。
町自体が大きくなって、多くの観光客がやって来てお金を落としてくれるのはチベット人にとっても悪いことでは無いとは思うが、それにより文化的な一面が欠落して行くのは悲しいことに思う。

次回は、タンコルの町です。
 

| | TrackBack (0)

August 19, 2013

チベット・アムド旅行2013年夏(成都)

4年ぶりの成都は驚きの連続。

そもそも空港に着いたもののターミナルがでかくなりすぎて以前がどんなだったかわからん状態。そしていつもの303路のバスに乗って中心に向かっても、高層ビル群で見上げてばかり。どんなお上りさんなんだか・・・。
今回の成都の宿は、”Mr.パンダGH”をbooking.comで予約していた。昔なら”交通飯店”、最近なら”Sim'sGH”とか武侯祠の”夢の旅GH”というところなんだけど、最近出来たここは地下鉄の駅近で便利そうだったから決めた。ただ早朝から地下鉄がつながっている茶店子バスターミナルに行くのに便利だと思って決めたものの、調べて見たら地下鉄の始発は6時半ぐらいで7時発のバスには間に合わない事が判明。使えんやん!
ただ、ここはまだ日本人客は少ないので珍しがられた上にスタッフ(半分ぐらい遊びに来てるだけじゃないか?)がみんなフレンドリーで楽しかったので次回も使わせてもらうことにする。
Img_7843
成都の街をぶらぶらする。街の中心にある広場は、4年前は工事ででっかい穴を掘っていたのを見たけど今回行ってみたら地下鉄の駅になっていて上は噴水だらけ。しかし共産党の象徴の広場をこんな風にしたら集まれんやん。あ、今は集まられると困るんだっけ?
Img_7540
広場から南を見るとビル群!変わったよなあ。
Img_7545
そして、いつかは泊まろうと思い、泊まってみたら大した事なかった錦江飯店は健在。ただ向かい側にあった民航オフィスはなんと芝生になっていた。まあ元々どれが民航オフィスなのかよくわからなかったからいいか。
Img_7818
そして武侯祠のチベ人街。
スクランブルは今日も警察車両!最近は真四角の移動交番が流行ってるようです。
しかし3台はいらんだろ。
Img_7860
商店街は日用品屋が以前に比べたらかなり減っていた。その分異様に増えていたのは仏像屋。全体の2~3割は仏像屋じゃないかと思うぐらい。しかもお寺が買って行くのか置いてる仏像がこれまたでかい!
店員に聞いてみたら「最近景気がいいからねえ~」って景気がいいと仏像が売れるのか?
Img_7852
あと増えていたのは衣装屋さん。しかもド派手でステージ衣装だと思う。そんなにナンマ増えてるのかな?
Img_7851
ただその仏像屋が増えていたおかげで何年も前から、ず~っと探し続けていたタントンおじさんにようやく出会う事が出来ました。金額的にはネパールの倍ぐらいだと思うけどこれを逃すと2度と会えない気がするので有り金をはたきました。
Img_7862
また今の流行りは”バター風ローソク”。パッケージを見たら”植物性”とか書いてあったからこれは”マーガリン灯明”だろうか?現物はお菓子のような甘い匂いがするけど、火をつけたら無臭だった。
Img_7857
次回は、アムドの町をレポートします。

| | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | September 2013 »