« March 2010 | Main | August 2013 »

January 12, 2012

チベット犬物語~金色のドージェ~

成人の日にチベオタ界で話題騒然の”チベット犬物語・金色のドージェ”見てきました。
一緒に行ったのはチベオタ日本人2名とチベット人2名(アムド出身とカム出身)

映画のストーリーとしてはどちらかと言うと子供向けだけど、映像は日本中心に作られたアニメらしくかなり作りこまれていてきれいでチベットの風景そのものでした。
しかし、映画が終われば当然そこはチベオタとチベット人連合のつっこみ大会。これがまた自分も気がつかなかったようなことがちょこちょこ細かいのがありました。

とりあえず覚えているだけでもいくつか紹介。

・チベットの話なのにお寺も坊さんも出てこない。(時代設定が文革中?)
・長老がチベットのお経じゃなくて漢字の本を読んでいた。(たまたま?)
・長老の家が山の上にあったけどあそこはお寺の場所じゃないの?(文革中なので元お寺?)
・犬は羊は追わない。西洋の牧羊犬じゃないんだから。(設定上お礼のつもりらしいし)
・犬はテントで寝させない。絶対に外。(まあ怪我してたし)
・犬は放し飼いにしない。家を守るのが役目。(あれだけ野放ししてたら無茶苦茶怖いわ)
・馬がでかい。チベットの馬ってもう少し小さかったはず。
・男性は赤いダシェを巻いてカムなのにメイドラム?はアムドっぽい。(彼女はアムドから来たということで)
・ドンモでかすぎ。しかも片手で混ぜてた。(メイドラムは力持ちということで)
・メイドラムなんて名前はチベットで聞いたことがない。(メトドルマかメトラモの間違い?)
・熊は草原にはいない。森の中にいる。(日本でも町に出てくることあるし)
・ロッパ族(モンパじゃなかった)が住んでる場所とカムは離れすぎなので簡単に行けない。(ずいぶん遠いところまで行ったんだね)
・遊牧民はあんなに早くしゃべらない。(日本にいるチベット人はみんなよくしゃべる)
・表情が日本人っぽい。(・・・・。)

色々残念な部分はあるけどつっこみも許せるような内容ばっかりなのでそれだけ完成度は高かったということか?
祭日で観客は200人ぐらいの映画館に50人ぐらいでした。とりあえずいつ終わるかわからないので行くならお早めにどうぞ。

Img_6592_2
抽選で当たったパンフ。主演声優の濱田くんの字が・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | August 2013 »