« ちべ土産その1 | Main | チベ・ラジオ »

September 02, 2006

その後の愛知万博

開始当初不振だったものの後半になってどんどん盛り上がって盛況のまま終わった愛知万博なんだけど、会場はそのまま公園になってどうやら当初もくろんでいて委員会に指摘された”万博を名目にした跡地を住宅地にする”といったことは回避されたようである。(それでも破壊された自然は戻ってこないけど)

Sany37851

さてこの愛知万博にはチベットがらみではネパール、ブータン、モンゴルがパビリオンを出していてそこでの展示物がその後どうなったのか気になっていた。特にネパール館は”展示物は全部売り物です”(ってあんたら商売しに来たんか?)と言ってただけに中央にデンっと置かれていたスワヤンブナートにある祠の豪華レプリカはどこにいくらで売れたのが気になっていたのである、

Sany379611

というわけで調べてみたらそういったその後の愛知万博をまとめている愛・地球博その後によると多くのものは今後作られる予定の愛知県万博記念館(仮称)に展示される予定なのだが大物に関しては外部に売却されてそれぞれ展示されている。

まず気になるのはブータンのでっかい仏堂「ナムゲ・カンザン」であるが三重県津市の樋口歯科が個人で「樋口友好ミュージアム」を建設しておりその中に展示されているらしいので機会あれば是非行ってみたい。

さて問題のネパールの祠”黄金の寺院”はなんと幸○の科学が2億円で買っており総本山に設置しているらしい。ttp://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/whatsnew/nepal.html

これはちょっと見に行くのに勇気いるなあ~。

|

« ちべ土産その1 | Main | チベ・ラジオ »

Comments

樋口歯科医院、ラオス館と一緒に購入したそうで。
家から遠くないので一回行かねば、と思っているんですが。
近いと意外と行かないもんです。(汗)

Posted by: かわばた | September 03, 2006 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29896/11727640

Listed below are links to weblogs that reference その後の愛知万博:

« ちべ土産その1 | Main | チベ・ラジオ »