« シルクロード紀行 青海、西寧、ラサ | Main | その後の愛知万博 »

August 28, 2006

ちべ土産その1

その1と書きながらまたいつものように途中で終わってしまったらごめんなさい。

Darai_1

今回のカム旅行で買ってきたものを順番に紹介して行こうと思いますが、一つ目は”ダライラマのドキュメンタリー(中国版)”です。

これは中国の中央電視台が1997年に作成したドキュメンタリーなんだけど内容が中国に都合のいいように作られてるのは当然としても出てくる映像は見たことないものばかり。

Lhasa2

まずは、1930~1950年代の古い映像。これはチベットの一般的な生活のほかに幼少~亡命前までのダライラマの映像が大量にあって一見の価値があります。ただ中にはカラー映像もあるんだけどこの当時にカラーフィルムがチベットにあったとは驚きです。まさか最近になってコンピューターで色をつけたのかな?まあ何にせよ古きよき頃のチベットがお好きな方ならけっこう楽しめます!

Lhasa3

ただまあのんびりした風景だけではありません。目を被いたくなるようなポタラ前を進軍する人民解放軍とかプロパガンダみえみえの裕福な貴族に対比した労働で疲れている農夫とさらには中国の言う解放後に喜んでいる人民なんかも映像もあります。

Lhasa1

あとおどろいたのはチベットでは裏切り者とされている”アボ・アワンジグメ”氏のインタビュー。なんか都合のいいことばっかり言ってる気はするものの現在なんと96歳!まだ生きていらっしゃったんですね。

ダライラマの映像や写真はチベット本土内では規制されているもののやはり亡命前のダライラマは問題ないんだろか?北京のチベ寺”雍和宮”のミニ博物館にも毛沢東と一緒に写ってる写真はありました。

Sany2312

こういうVCDもカムだから売ってたのかな?今回行ったリタンのお寺にもダライラマの写真が堂々と置いてあったり、町のお店にも写真入ペンダントが売られていたりしてけっこうゆるゆるのようです。これは四川省だからなのか?荒くれ者の多いカムだから当局も規制しにくいのか?

まあどっちにしろ当局も写真ぐらいでケチケチするなよなあ~。

|

« シルクロード紀行 青海、西寧、ラサ | Main | その後の愛知万博 »

Comments

お久しぶりです!
すっごい貴重な映像が手に入ったのですね。
上映会をしましょう!すっごく観たいです。

最近は、私の友人がトルコ人と結婚した事もあって、アジア系の人たちよりも、トルコ人やエジプト人といったムスリムの方々と遊んだりすることが多くなりました。

さてさて、法王の来日が楽しみですね。私は、11月6日の宮島での大日経灌頂会に参拝してきます。というわけで、東京講演は、あきらめました。法王のお年を考えると…今回の来日が最後になってしまうのかな…。

Posted by: アニラ | September 10, 2006 at 08:29 PM

>すっごい貴重な映像が手に入ったのですね。
>上映会をしましょう!すっごく観たいです。

今まで見たことなかったから、これらの映像はインド側に持って行ってなかったのでしょうね。内容は法王が小さい頃に輿に乗ってポタラに入るとことか車のおもちゃで遊んでいるところに始まって、青年になってから中国首脳に会うシーンのほかに演説してるシーンなんかもあります。
そのうちYouTubeにUPしようかな?

>アジア系の人たちよりも、トルコ人やエジプト人といったムスリムの方々と遊んだりすることが多くなりました。

そうですか。ヒンディ語と縁遠くなる一方ですな~。そろそろインドに帰ります?!

>私は、11月6日の宮島での大日経灌頂会に参拝してきます。

流石に埼玉からは遠いので今回はやめときます。でも東京の講演は行くと思います。
ただ法王の来日はまだまだ大丈夫じゃないですか?うちの母親は同じ年ですけど今でもよく海外旅行してますよ。まだまだ頑張ってもらわなくっちゃね!

Posted by: 風来坊 | September 12, 2006 at 12:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29896/11641217

Listed below are links to weblogs that reference ちべ土産その1:

« シルクロード紀行 青海、西寧、ラサ | Main | その後の愛知万博 »