« 京都・ロサル | Main | 映画”ミラレパ” »

March 09, 2006

京都・ロサル

もう一週間以上も前の話になるけど、2月25日(土)の京都ロサルに行ってきた。

ダヤンハーン主催の京都での冬のロサルと夏の法王の誕生会イベントは今まで平日だったこともあり、回を重ねる度に参加者が減る一方だったのを止めるべく今回は週末に行われた上に場所は京都の街中のネパール料理屋だった。

確か夏の時には20人もいなかったと思うんだけど今回は30人は超えていて非常に盛況でした。ただ今回は毎回行われていた読経は店への配慮か?無かったものの出し物は、てんこもりでなかなか楽しませてもらいました。

DSCF0373 まずは、もはやチベットの集まりでは定番になりつつある”ダヤンハーン、ゆかさん、アカザワさん”によるチベット音楽の演奏。ここまでやってたらそろそろユニットの名前つけてもいいんじゃないの?

その時にみんなでコルシェ(フォークダンス)したけどステップがよくわからん。たぶん割と基本的で簡単な方だと思うんだけど覚えられん。チベタンはタップダンスうまいもんなあ。頭で考えたらやっぱダメやな。

チベットの次はモンゴル。オルティンドーと馬頭琴、そしてホーミーへと続く!いやはやどれもスバラシわ。小生も現在、風呂と車の中でよくホーミーを練習してるんだけどいまいちこれでいいのかよくわからないんで教えてもらったら、舌を立てて鳳啓介の真似をするということらしいんだけどとりあえず口の形は出来てると言われて少し満足。後は低い声でノドをつぶすだけかな?

そして2年ほど前のこのイベントで見て以来のムックリ。アイヌの楽器を舌を使ってビヨビヨ鳴らすんだけどなかなか味わい深い。来年あたりに京都でライブイベントするらしいので都合が合えば見に行きたいもんですな。

DSCF0365  さて今回、小生は年越しのラサ旅行の際に”バルコル”で作った胸元が合わせになってる上着を自慢げに着ていったつもりだったけどいたって普通の格好でした。

ン千元出して作った思いチュバをかかえてわざわざ群馬から来たものの暑くて着てられなったうらるんたさんはさておき(笑)、刺繍だらけのオンジュにチュバを着てチャリの乗ってやって着た某方は圧巻でした。

あと意外と多いと思ったのはうさぎの毛皮の帽子。ただこれもみんあ暑くてかぶってられない感じ。そうそう、着ているうちに体の熱気で溶けたのか?毛皮の貼ってある服からバターの臭いをふりまいてる方もいてなかなかチベットっぽい雰囲気出てました。(笑)

チベットにしろモンゴルにしろみんな晴れ着を着て正月らしくなかなかよい感じでした。しかしみんなこういう時しか着る機会が無いんやろな。これからもダヤンハーンには是非これからも民族衣装を着る機会を作っていただきたい。そうそう今度またチベットに行ったらみんなに負けないような派手派手衣装作ってこなきゃ!

|

« 京都・ロサル | Main | 映画”ミラレパ” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29896/9009198

Listed below are links to weblogs that reference 京都・ロサル:

» 京都でロサルパーティ [ちべログ@うらるんた]
 京都遠征してダヤンウルスのロサル(チベット新年)パーティに参加してきました。  [Read More]

Tracked on March 24, 2006 at 05:01 PM

« 京都・ロサル | Main | 映画”ミラレパ” »