« 天上草原 | Main | リトルワールドでネパール祭 »

July 06, 2005

噂の名古屋チベ寺

行ってきました。チベもの界で噂になっている名古屋のチベット寺!
自ら”名古屋のチベット”と呼んでチベット祭りまで催してしまう名古屋市守山区の岡の上にそれはあって、春日井方面から河を渡って右折。車で坂道を登っていると突然それは現れました。

cha1お~これは想像以上にすごい出来です!
早速石段を高山病で息を切らせながら(笑)登ると門にたどりつきました。
そのチベット式の非常に立派な門の左右には大マニがあってなかなか雰囲気でてます。
そしてこの重いマニ車を早速ゆっくり回してみると、”チーン・・・”と鳴らないのでちょっと拍子抜け。やっぱりあの鐘の音が無いと回した気がしない。

cha2

そして本堂入り口の左右には中国風の四天王?があって多少違和感を感じたけど、北京の雍和宮とか白塔もこんな感じだったと無理やり納得させた。そしてその前には、七夕らしく笹とたくさんの短冊が・・・?さ、笹?ま、まあチベットのパンダは食べるからいいか・・・。(汗)

さらにそこに掛かってる短冊の1枚を見ると”商売繁盛、○○小児科”・・・やっぱりなんか間違ってないか?

気を取り直して、中に入ると広さは本物のジョカンと比べたら小さいものの真ん中には僧侶達が座る長いマットみたいなのはいっぱいあるし、回りには立派な壁画もちゃんとあって造りはチベットのゴンパそのもの。でもなんか物足りないと思ったらバター臭くないことに気がついた。

そしてメインのご本尊であるシャカムニ像は確かにジョカンにあるものと同じような大きさ、形で雰囲気は出てました。ただ”頭をごっつんこ”させてもらえそうになかったのが残念・・・。(内部は撮影禁止だったので、写真はラサのジョカンにある本物のシャカムニ像です。)

jokan

とにかくここに来た率直な感想を言えば、このお寺の出来は素晴らしいのに犬山リトルワールドのゴンパと同じようなテーマパークっぽい空虚感を感じました。
それは何故だろうと考えてみたらそれは、チベットの僧侶がいないせいだと思います。仏作って魂入れず。やっぱり仏・法・僧の1セット揃って仏教なんだから僧侶がいなきゃ本物にはならんでしょう。
まあ話では今、常駐するチベット僧を探しているもののなかなか中国の許可が下りなくて困っているそうなので今後に期待しましょう。

さてこのゴンパを建立した住職のことを書こうと思ったのですが、実際にどう書けばいいか迷ったので思ったまま書きます。
実際、ホームページでは”世界初!チベット仏教外国人受戒者”と書いてあり、多くのチベもの達を敵に回してしまった感はあったのですが彼女の著書を読んでなんとなく意味がわかりました。

これは正確に言うと”中国認定”世界初!チベット仏教外国人受戒者という意味になるようです。つまりチベットが中華人民共和国に取り込まれてしまって初めての公的な外国人チベット僧だということです。
おそらく歴史的には世界初のチベット仏教外国人受戒者は、非公式には明治末期にチベットに入った河口慧海だと思いますが彼は日本人であることを隠していたので、公式には大正時代にチベット入りしてゲシェー(博士)の位まで得た多田等観でしょう。(間違ってたら突っ込みよろしゅう)

ぶっちゃけ、彼女は自ら中国政府にかけあってチベットでの修行を認めてもらったり、チベットに学校を作ったり、ついにはこんな立派なチベット寺まで建ててある意味すごい人だと思わせる反面、世界初といううたい文句だとか、著書での色んな突っ込みどころだとか(のっけから”ジョカンはチベット仏教のメッカ”という文字にのけぞった)、なんだかいろいろ損してるなあ~。というのが率直な感想です。

cha3まあ実際にはこのお寺に行ってみて特に怪しい感じも無かったし、無料だし、スタッフも親切にしてくれたし、なので皆さんも安心して(笑)行ってみて下さい。後は各自の判断にお任せします。(写真はゴンパ上のチョルテンから見える名古屋市街。夜景がきれいかも?)

|

« 天上草原 | Main | リトルワールドでネパール祭 »

Comments

突っ込みどころの多いチベ寺に風来坊さんたちと行ってきました。
でも寺は本物でした。内装やタンカ・仏像などもよくできていてうさんくささはありませんでした。でもやはり私たちの感じた違和感は常住のチベ僧がいないことが大きいのでは。寺がバター臭くないことや短冊に”商売繁盛”とか書いてあったことも原因かも。
ダライラマの御尊像はどこかにあったかな?かわりに中国認定のパンチェン僧のかわいらしい(けっこう品と知恵があるように見えた)写真があったのは仕方がないかなあ。
ぜひ皆さんも行って見てください。リトルワールドのゴンパは見せるためだけに作られたもので、しかたがありません。でもこのチベ寺はそれよりはるかに立派で、将来性のある寺です。すべてはここの女住職の手腕しだいでしょう。

Posted by: ichhan | July 08, 2005 at 02:52 PM

すいませ~~~ん
「チベット寺院 守山」で検索したら
あほケツな日々様のブログがヒットしましたので
かってながらトラックバックさせていただきました!!
「~な日々」つながりと言う事でよろしくお願いします!!

Posted by: 愛タツヤ | September 11, 2005 at 11:00 AM

母を連れ守山にあるチベ寺に観光に行ってビックリ。清めの線香を3本で200円。これを賽銭替わりだという。1本でいいやと思い火をつけてると坊さんらしき担当が3本にしてもらわなきゃ立入り禁止とな。はあ?仏法僧だから3本だと。ナンヤカンヤ問答してたら母は200円入れて私をよそ見に中に入っていった。わたしゃ意味がわからず、糞坊主に腹が立って。ここのは本物だとか、何しに来たとか言うもんだからただの観光だと行ってやったら。あんたみたいな人は初めてや。帰ってくれ。そんな言われ方だったとおもう。偉そうな奴やった。寛大な仏の心や教えを知らないアホだった。最後には金さえ払えば済むという考えはアカンとかあんたと問答する時間が勿体無いとか。ワザワザ遠方から見に来たのに、そんな対応で我慢できますか?初めて門前払いされた私は悪いんでしょうか?これは嘘臭い寺院だと判断し、外で母が見終わるのを待ち、ここのショップでランチを食べて遠路帰りました。ショップは普通の対応で良かった。腹が立って今日は眠れんわい!!!

Posted by: 気晴らし | May 13, 2014 at 02:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29896/4829103

Listed below are links to weblogs that reference 噂の名古屋チベ寺:

» チベット寺院に行って来た!!! [愛タツヤのパンタロンな日々]
せとものまつりから帰る途中若干ながら時間があったので 前々から気になっていた名古屋市の外れ、守山竜泉寺近くに最近出来た チベット寺院「強巴林」に立ち寄ってきました 比較的交通量の多い街道沿いにひときわ異彩をはなって聳え立つ怪しげな建物です     係りの人が始終案内してくれたので写真が取りにくかったんで今回はこの一枚だけです 入場システムが良くわからなかったんですがとりあえず車を近くの寺の駐車場に停め 恐る恐る敷地内に入場します 入り口左側に事務所件ショップのようなもの... [Read More]

Tracked on September 11, 2005 at 10:53 AM

» 名古屋にチベット僧♪「日本で唯一のチベット仏教寺院」ではないので念のため。 [チベット式]
名古屋市守山区にある日本で唯一のチベット仏教寺院「強巴林(チャンバリン)」に18 [Read More]

Tracked on December 25, 2006 at 03:25 AM

« 天上草原 | Main | リトルワールドでネパール祭 »