« バイマーヤンジンさんの公演 | Main | 雲南民族村のダライラマ »

December 22, 2004

外国人のチベット僧

先に書いた名古屋に出来たチベット寺ですが正体が判明しました。
それは”名古屋のチベット”と自ら呼んでいる守山区にある倶利加羅不動寺。(開く前に音量絞った方がいいかも?)だそうです。

このお寺の女性の住職はチベットのラサにあるジョカン(大昭寺)で”世界初のチベット仏教外国人受戒者”でありく”強巴曲珍(チャンバチュドゥン)”という名前をもらったそうです。(あくまでも”チャンバチュザンさん”ではありません。チャンバチュドゥンさんです。)

さて、このジョカンでチャンバチュドゥンさんがリンポチェとテーブルを挟んで一緒に写ってる写真をどっかで見たなあ~と思ったら思い出しました!かの有名なハリウッド映画俳優で大阪の十三で道場を開いていたこともある”ごんぶとさん”ことスティーブンセガールリンポチェです。

Rinpoches_meet_r8i16ps

ちなみにスティーブンセガールは1997年にテルトン(埋蔵教発掘者)の生まれ変わりとしてニンマ派のリンポチェ(活仏)と認定されたようです。

また外国人チベット僧に関してもっと古い話を言えば中国の侵攻以前のチベットは鎖国状態でありながらもモンゴルや清からの留学生は受け入れていたわけだし、1901年にチベットに初めて潜入した日本人である河口慧海や1913年から10年間も修行していた多田等観もラサのセラ寺にいました。

本来チベット仏教を理解するにはチベット語が出来ないと難しく、現在広島在住のデプンゴマン学堂のケンスルリンポチェも”チベット僧になるならチベット語は必須”と述べています。

ケンスルリンポチェ談話
----弟子になりたいとか、出家したいという日本人が来たらどうしますか。
 チベット式の僧侶となりたい、そして弟子に欲しいという方が来られても、ちょっと困ります。安易な気持ちでは、僧侶としてはやっていけませんし、日本にも伝統的な仏教があるのにわざわざチベット式の僧侶になる必要もあまりないとも思います。もしも本当にチベットの僧侶になるのならば、チベット語の語学力や仏教への予備知識なども必要になります。(抜粋)

実際に私の友人にも日本人チベット僧がいますがチベット語は無茶苦茶堪能です。やはり語学力でハンデのある外国人がチベット僧としてやって行くには並大抵の努力では済まないのでしょうね・・・。

|

« バイマーヤンジンさんの公演 | Main | 雲南民族村のダライラマ »

Comments

いやー色んな人がいるもんですねー。
全然知りませんでしたよ、名古屋、いちおう少し地元なのに。今度行ってみましょう。でも、別に寺がチベット風ってわけでもなさそうですね?

ボミ・リンポチェは一昨年亡くなってしまいましたが、無理矢理ガンデンティパのふりをさせられたり、パンチェン・ラマ11世のくじ引き儀式をやらされたりして気の毒でした。

Posted by: 長田幸康 | December 28, 2004 at 02:42 AM

>別に寺がチベット風ってわけでもなさそうですね?

話によると中はジョカンと同じ作りになっているそうな。まさかマニ車で囲まれてるわけでも無いでしょうけどどうなってるかちょい興味あります。

Posted by: 風来坊 | January 07, 2005 at 10:30 PM

少々遅れましたが、このお寺行ってきました。
普通のお寺の奥に現在ジョカンを模してチベット風
のお寺を建立中でした。(強巴林(チャンパリン)という名前でした。)
少し離れたところには小さいチョルテンも建っていました。
3月23日に落慶法要だそうで、星野元中日監督やソフトボールの宇津木監督、中国、スリランカの坊さんが参加されるそうです。
チベットからの参加者がジョカンから一人だけというのはなんだかなあ、という感じでしたが。
また寺が完成したら行ってみたいです。

Posted by: かわばた | February 01, 2005 at 09:31 AM

>少々遅れましたが、このお寺行ってきました。

お~!かわばた君がそのうち行ってレポートしてくれると期待してました。名古屋のチベットと名高い所へわざわざお疲れさまでした。

>普通のお寺の奥に現在ジョカンを模してチベット風のお寺を建立中でした

なるほど噂通りでしたか。やっぱりご本尊に釈迦牟尼像を据えて、周りをマニ車で囲んで、屋上に青空トイレも用意するのかな?(笑)
http://www.geocities.jp/gogotibet/travel/tibet3/tibet3-pic4.htm

>3月23日に落慶法要だそうで、星野元中日監督やソフトボールの宇津木監督、中国、スリランカの坊さんが参加されるそうです。

そうですか。なんだかニュースになりそうな感じですね。仕事休んで行ってみますか?

Posted by: 風来坊 | February 01, 2005 at 08:15 PM

>名古屋のチベットと名高い所へわざわざお疲れさま>でした。
ええ、本当に・・。
自称「名古屋のチベット」だけあって坂が多く、えらかったです。

>なるほど噂通りでしたか。やっぱりご本尊に釈迦牟>尼像を据えて、周りをマニ車で囲んで、屋上に青空>トイレも用意するのかな?(笑)
どうも、そうなる可能性は高いのではないのかな、と
思っています。
行ったときも、住職は中に安置する仏像等を確認するために中国に行っていましたし、タルチョに願いを書いて寺から吊るすらしいです。
チベット大蔵経も収めるらしいんで、かなり本格的になるかと。青空トイレはないでしょうが(笑)

>そうですか。なんだかニュースになりそうな感じで>すね。仕事休んで行ってみますか?

行ってみたいんですけどね。「チベット好き」のある意味最高の夢を達成された訳ですから。
どんな人が集まってくるかも興味があるし。

Posted by: かわばた | February 02, 2005 at 10:10 AM

作業場開設のご挨拶を兼ねてトラックバックさせていただいたのですが、使い方に慣れていなくて、書きかけのものをやめて「一時保存」にしたつもりが、公開されない記事にトラックバックだけが飛んでいく、という失礼なことをしてしまいました。申し訳ありません。
いやー、それにしても、いろんな人がいるもんですねえ。

Posted by: うらるんた | March 12, 2005 at 02:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29896/2340171

Listed below are links to weblogs that reference 外国人のチベット僧:

» チベットで受戒した日本人尼僧が住職を務める“チベット寺”が名古屋市守山区にある [ちべビア@TIJ blog別館]
 お世話になっている「あほケツな日々」(http://gogotibet.moe-nifty.com/blog/ )さんに開設挨拶のトラックバックを送るためのテ... [Read More]

Tracked on March 11, 2005 at 01:28 PM

» 名古屋チベット寺院記事(読売) [ちべ者]
これまで各所で話題の名古屋のチベット寺院について、読売新聞の中部Verで記事がで [Read More]

Tracked on March 19, 2005 at 08:15 PM

« バイマーヤンジンさんの公演 | Main | 雲南民族村のダライラマ »