« 重慶で暴動 | Main | あじあ号ふたたび・・・? »

November 14, 2004

トンデモ系チベネタ発見

コンビニでマンガ雑誌のコミックバンチをを立ち読みしていると、見つけてしまいましたトンデモ系チベネタ!(そんなわけでつい買ってしまいました)
題名はゴッドサイダーセカンド。昔ジャンプでやってたやつの続きでしょうか?
(最近”蒼天の剣(北斗の拳の上海租界時代の話)”とか”エンジェルハート(その後のシティハンター)”とか、こういうの多いですよね)
その中で元チベット仏教僧侶、今は戦士である主人公の回想シーンの部分です。

app0001
ギャンツェ・クンブムのようなチョルテンの周りは森林地帯。
ここはアンコールワットか?ティオティワカンか?
しかも小坊主の頭には少林寺?というよりクリリンのような
6個の印がついてます。

app0002
どこぞの軍隊に民衆が撃たれています。
しかしトンデモ系マンガで歴史的な前置きもなしにこれはちょ
っと無茶なような気もしますけど・・・?

ちょっとこれからこのマンガの最初の方も調べて行きます。

|

« 重慶で暴動 | Main | あじあ号ふたたび・・・? »

Comments

はじめまして。チベットでいろいろ検索してたらここにたどりつきました。さて「ゴッドサイダーセカンド」ですが、お察しのとおり80年代に週刊少年ジャンプに連載されていた「ゴッドサイダー」というマンガの続編です。ストーリーは「神の側の人間(ゴッドサイダー)と悪魔の側の人間(デビルサイダー)が戦う」お話ですが、このムリヤリなネーミングからも分かるとおりバカパワーが炸裂マンガです。主人公はサタンと大日如来の血をともに受け継いだ謎の一族「鬼哭一族」出身の霊気という青年で、ともに戦う仲間に「チベット仏教 ラマ寺院」の僧、阿太羅と法粛という二人がいます。テキトーな設定ですね。阿太羅はなんかお教を唱えるのが必殺技で、法粛はボウズのくせにパンクファッションでロケットパンチを繰り出します。このマンガは隠れたファンが多く、ムチャクチャな設定・エログロ満載・敵である悪魔勢のかっこ良さなどでカルトな人気を保っています。爆笑したかったらおすすめのマンガです。

Posted by: もにか | January 13, 2005 at 07:40 PM

もにかさん、初めまして!

>80年代に週刊少年ジャンプに連載されていた「ゴッドサイダー」というマンガの続編です。

まだ若かりし頃に読んだ覚えがあります。けっこうエログロで今だったらとても少年マンガに載せられないようなかなりやばいマンガだったような気がします。
しかし80年代は世間でチベットにそれほど理解度があったわけでも無かったので(今でもそれほど無いですが)他にも孔雀王やサザンアイズのようなトンデモチベ系マンガが量産されています。
ゴッドサイダーも一度マンガ喫茶で探して最初から読んでつっこみ入れてみますね。

それではこれからもよろしくお願いします。

Posted by: 風来坊 | January 15, 2005 at 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29896/1962529

Listed below are links to weblogs that reference トンデモ系チベネタ発見:

« 重慶で暴動 | Main | あじあ号ふたたび・・・? »