« September 2004 | Main | November 2004 »

October 25, 2004

重慶で暴動

最近めっきりチベットネタが無いんで中国のネタを書きます。

先週、先日のサッカーでの酷いブーイングで有名になってしまった重慶で暴動があったそうです。

jukei.jpg
霧の重慶

詳細は記事を読んでもらえばわかると思いますけどなんともおまぬけな原因でありました。

ただ個人的にはそんな重慶でも憎めないんですよね。というのも5~6年前に名古屋からの直行便で重慶の空港に着いたものの両替は出来ない、言葉も当然出来なくて途方に暮れているところを重慶の人に助けてもらったからです。
その時は困ってる私を街中まで車に乗せてくれた上に両替出来るホテルに行った後にさらに安宿まで探してもらいました。だから重慶にはむしろ愛着を感じています。

先日TVでもやっていましたが、中国には沿岸部と内陸部では無茶苦茶収入の格差があります。
とんでもない田舎なら貧乏なことはすでにあきらめているのでしょうが、内陸部の都市は中途半端に収入の格差を感じて政府に対して不満を感じることも多いのでしょう。
先日のサッカーの事件はそんな不満のはけ口になってしまったんじゃないのでしょうか?

さて、右肩上がりで一見いいように見える中国も収入の格差以外にも、い─────────っぱい問題を抱えてます。
環境問題、少子化問題、民族問題、不良債権・・・と。

鳴り物入りでオープンした上海サーキットも来年のF1まで大きなイベントが無くてすでに借金だらけで不良物件化したらしいし、ユニバーサルスタジオも計画中止になりました。

これからの中国はどっちに向かって行くのか?

な~んて今の日本も人のこと言ってられん状態ですわな。ふむ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 13, 2004

”韃靼そば”ってチベット産?

うちの母親から『最近流行の”韃靼そば”ってチベット産じゃないの?』と聞かれて、何だそりゃ?

ググってみたら”韃靼蕎麦は中国の雲南省、四川省、チベットやネパールなどの高地で自生栽培されている蕎麦です。”とあったけどやっぱり何だそりゃ?

そもそもチベットやネパールどころか中国でも蕎麦は食わんだろ?と思いながら調べを進めていたら韃靼=タタール(モンゴル系の民族)という意味で・・・って雲南も四川もチベットもモンゴルからえらい遠いやないか!

結論としては、どうやら中国の雲南省から四川省にかけて住んでいる”彝(イ)族”が韃靼そばを栽培、主食として食べてるらしいんだけど、彝族と言えば大きな黒くて四角い帽子?をしていて少数民族マニアには、よだれダラダラの存在なのであるが私も雲南省の田舎町で一度会ったことがある。

yuzu.jpg
イ族の女性
ALA!中国から勝手に持って来ました。

最近、四川航空でこの彝族の客室乗務員を採用したらしいんだけど四川航空もなかなかやるじゃないか!やっぱり機内食には韃靼蕎麦が出るのだろうか?

ちなみにロイヤルネパール航空のチベットのチュバを着た客室乗務員も私は好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2004

ぶっちょ

最近、UHA味覚糖の”ぷっちょ”のCMがとても気になります。

1つは”「いつになったら」篇”で茶色い袈裟を着た坊さんの像の列にガクトが並んでいていつまで経ってもぷっちょが買えないというやつで、もう1つは”「手が離せませんの」篇”で同様にガクトさんが前の坊さんの携帯電話に持ってあげてるというやつです。

pucho2

実はあの坊さんの像の列と同じようなのを以前ミャンマーで見たことがあります。ミャンマー第2の都市マンダレーに近い町でモンユワというところにボディダタウンという丘があって、そこにはビルを枕にした巨大な涅槃仏があります。
そして、その近くにたぶん1KMぐらいに渡ってあの坊さん像が並んでいるのです。(さすがにあそこまで詰まってませんけど)

というわけでまさかガクトさんがCM撮影のためにミャンマーに渡ったとは考えられないので、どこで撮ったかCMを検証してみましょう。
まず背景の塀を見ると瓦の屋根がついていてあまりミャンマーっぽく無くどうも日本のようです。また足元の砂や草を見るとどうも作り物くさいのでおそらくスタジオなんでしょうね。
ただ、塀の向こうの木に注目してみるとなんと風でゆれているではないですか?ひょっとして外なのか?あれが日本にあるのか??色々検索してみましたけど梨の礫。あれが日本にあるなら行ってみたいゾ!どこだろ??

ちなみに関東の方ではこのCMはやってらしいのでUHA味覚糖のページで要チェック。

この手のネタに詳しい超天然ビルマ仏SHOWにこのCMに近い坊さん達が載っていました。
並んだ坊さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »