« May 2004 | Main | July 2004 »

June 21, 2004

チベットの水牛

あまりトレンディドラマは見ない方だけど”チベット”というキーワードに惹かれてオレンジデイズの最終回を見た。

で、そのチベットにまつわる話とはどういうものだったのか?

翔平(成宮寛貴)が大学を休んでチベットへの撮影旅行からようやく帰ってきたのだが、音信不通だったことから茜(白石美帆)とケンカになってしまったシーンのことである。

そんな時に茜が言った。


  『水牛と結婚したかと思ったわよ!』


    ん?チベットで水牛????


そりゃチベットでも農村部なら水牛もいるかもしれんけどあんまり一般的じゃないんでないの?
やっぱりチベットならヤク牛やろ!!


そういえば、土曜日の夕方にNHKでコンサート番組をやっていて日本唯一のチベット人歌手のバイマーヤンジンさんが出ていた。舞台の上で五木ひろしや谷村新司に負けじと威風堂々と歌っていて”お~ヤンジンさんも全国クラスかあ~”としみじみ思っていたが、すでに徹子の部屋にも出てたんだからすでにそのレベルなんやろね。

しか~し、そのヤンジンさんが歌ってる時に1つ気になることがあったのがそのバックにあったスクリーンである。


  ・・・なんで水牛?


yanjin.jpg


司会の相田翔子もTVの中でも『チベットには行ったことないですけど風景が思い浮かびますよね~』と言ってたけどひょっとして田んぼを耕す水牛を思い浮かべてるわけじゃないやろねえ・・・?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 15, 2004

マニ車が壊れた!その2

壊れたハードディスクを日本でも交換出来るか”日本シーゲート”に電話してみた。

結論から先に言うと日本では出来なくてシンガポールに送らなきゃならんということだったが気になったのはその電話の相手である。

明らかに日本人ではない口調!!

『方法は1つで~す!シンガポールに送ってく~ださい!』(ちょい大げさか?)

どうやら電話の相手は中国のようであった。

以前から米国での電話サービスは(一応)公用語が英語のインドに置かれていることが多いらしい。理由としては当然人件費が安いからであるが、インターネットの普及のおかげで通信料が安くなったせいもある。
ところが最近になって日本語での電話サービスが中国で行われることも多くなってきているらしいのだ。

人件費が安いのはもちろんだけど日本語を勉強する人が多くなってきているのも理由にある。
普通、中国の大学では第二外国語で日本語が選べるようになっているところが多いらしく、確かに中国を旅行していて片言の日本語の出来る学生にも何度か会ったことはある。

実際、日本国内でも番号案内の104はほとんど沖縄で対応してるらしく、もし近所の寿司屋に出前を頼もうと思ってもわざわざ沖縄に電話していることになる。これは仕事の少ない沖縄での雇用確保が目的らしいがそのうちこういうのも中国に行ってしまう可能性もある。

いつの日か??日本から104に電話したらラサに繋がってるかも・・・。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 13, 2004

マニ車が壊れた!

うちの高速マニ車が壊れました!(笑)

前世の悪行なのか?ボンボ回りが合わなかったのか?2日ほど前からハードディクスが時々キリキリ唸ってパソコンが固まったりしたので色々やってみたものの結局諦めて新しいハードディスクを買いに走りました。

さてその壊れたハードディスクをどうするか??
もう1年近く前に買ったものなので「たぶん保障期間は切れてるやろなあ~」とダメもとでSeagateのHPにアクセスして品番等をインプットしてみた。

seagate1

お~!!期限切れまであと3日!!!

ちゃんとExchangeと書いてあって下のコメントも”送ってくれたら交換してあげるよ!”と書いてある。

ってなわけで名前、住所他を登録するとすぐにメールが送られてきて”シンガポール”の住所が記載されてました。


つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2004

マニ車の中身

やっぱりたまには更新しないといかんな~ということで、前回に引き続きマニ車ネタです。
またマニ車の分解写真?いえいえ今回紹介するのはマニ車の透視写真です!

ただよく見るとこれにはお経が入ってないようです!

”仏作って魂いれず!”

そういえばおおさか13仏や各博物館のマニ車も中にお経が入ってない所が多くて、ちょっと勢いづけると高速に回り続けてました。これじゃ意味ないってば。

記憶が定かではないんだが子供の頃にサンダーバード2号のプラモデルを親に買って来てもらったのはよかったんだけど開けてみたら真ん中のコンテナ部分だけの商品だったのでがっくり来たことがある。その後本体部分は買ってもらえなかったがそれなりにそれで遊んでいたような気もするので仏よりも魂の方が重要ということなのかな?(笑)

そういえばもうすぐ公開の”人間版”サンダーバードはちょっと気になるなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »