Main | June 2004 »

May 29, 2004

走る目玉

ちょっくら三重県の伊賀上野方面に遊びに行ってて車で走ってたら思わぬものを見つけてしまいました。

何と”↓チョルテンの目玉”が走ってたのです!!

me1

・・・と言ってもチョルテンが走っているわけでは無くその正体は”目玉のついた電車”でした。

どうやらそれは近鉄電車伊賀線のペイント列車『くのいち号』の青忍者と桃忍者と呼ばれており、どうやら松本零士さんがデザインしたものらしく電車マニアの間ではけっこう知られた存在らしい。

ちなみに、無理にコルラしようとしたら轢かれるのでやめましょう。(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

May 25, 2004

デジタル・マニ車

ちょっとトラックバックをやってみたかったのと、blogリンクを張ってくれた長田さん&うらるんたさんに感謝をこめたチベネタです。


ふとしたことで面白いページを見つけました。(既出だったらごめんなさい)

それは”デジタル・マニ車”です。

そこに書かれてある解説を訳してみると

「あなたのマニ車を動かすためには、コンピューターのハードディスクへこのマントラをダウンロードしなければなりません。ダウンロードされたハードディスク・ドライブは、あなたのためにマントラを回します。最近のハードディスク・ドライブは、普通は5400rpmなので毎分3600~7200回転します。それらの回転速度を与えられて、すぐに悪行を浄化し始めるでしょう。」

翻訳サイト使用


なるほど!ハードディスクにお経のデータを入れたらハードディスクの回転ですざまじい速さで回してくれるわけか?!しかも最近のハードディスクは7200rpmが多いので最高1分間に1万回転は回るんじゃないか?

これはいいぞ!私の悪行も一気に浄化だ!!!


・・・と喜んだのも束の間。ここで大きな疑問にぶつかった。


はたしてハードディスクは時計回りなのか?それとも反時計回りなのか?
もし反時計回りならボン教信者にならいいがチベット仏教信者には効果が無いではないか??

というわけで壊れたハードディスクの蓋を開けて実際に電源を入れて回してみた・・・。


HD.jpg
(マニ車の分解写真)


その結果はなんと”ボンボ回り”だった。(通常銀色の面が上になる)

しかしそれにしてもこの回転の勢いは何なんだ?風が吹出すぐらいのすごい勢いだ!
これだけ回せばきっと効果あるはず!これで来世も安心だ!!

というわけで以下の”デジタル・マニ車の使用上の注意”をよく読んでご利用下さいね!

パソコンを開けてハードディスクの上下を確認してからご利用ください。なおボン教信者の方はハードディスクの銀色の面を上にセットして、チベット仏教信者の方はハードディスクの銀色の面を下にしてください。また縦置きにした場合の効果については全く期待できません。
(但しこれは今回調査したSEAGATEの製品に限りますので他のメーカーのハードディスクを御使用の場合は不明です。)

| | Comments (2) | TrackBack (4)

May 23, 2004

中国青空市場

東大阪に毎週日曜朝に出てる”中国青空市場”が家からチャリで10分ぐらいのところにあると知って初めて行ってきました。

朝早くから100Mほどの歩道沿いに4~50軒ほどの露天が出ており店員も客もほとんどが中国人で中国語が飛び交っているもんで「ここは中国の裏通りか?」と思わせるような”庶民的な”異国情緒たっぷりです。

ichi1.jpg

さて朝やから油条(揚げパン)でも食うか?と思ってちょっくら中国語の勉強を兼ねて聞いてみた。

  『多少銭?』(いくら?)

返事は・・・

  『ひゃくえん・・・』

・・・ちぇ。


ってなわけで豆腐脳(汁豆腐200円)と油条(揚げパン2本100円)と羊肉の串焼き(100円)を食ってきたけど朝から満腹&満悦でした!

売ってるものもあまりそのへんのスーパーで見ないような物も色々あって、↓こういった食材や”こんなの日本で売ってて大丈夫なんか?”と思うようなCDやらDVDもありました・・・。

ichi2.jpg


最近、日本橋にも上海新天地というショッピングセンターも出来て人から『いろいろ中国の物を買い込んでるんじゃないの?』と聞かれるんだけど現地で売ってる値段を知ってるだけに日本じゃどうも買う気がしない。

さ~て、そろそろまた本場中国に買い出しに行くかな?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2004

著作権法

今まで好き勝手にチベットを扱った漫画や映画の一部をホームページに載せており”著作権”については少し気になりながらも『まあ営利目的じゃないし、引用元さえ記載しとけばいいやろ・・・』と軽く考えていましたが、(アホやね>オレ)最近有名サイトでリンクしてもらってアクセス数が急に増えたり、オフ会や旅先で知らない人から『あのページの作者だったんですか~』などと言われたりしておこがましいながらも”出る釘は打たれてしまうんじゃないか?”と不安になってきて、そこに来て知り合いから『これやばいで!』つっこみを入れられたもんでちょっと詳しく調べた結果しばらく公開をやめることを決めました。(チベ漫画ファンの方々突然すいません)

さてこれからどうしようかと?考えるもののこんな美味しいネタをやめるのもしのびないし、1つ1つの作品を出版社やら作者やらに許可を取ろうとしてもへたすりゃ”やぶへび”になるんじゃないか?という懸念もありこれは”引用”という方法を取るしかないな!という結論に達したわけです。

ちなみに著作権法にはこう記載しています。

第32条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

といってもこれじゃよくわからないのでもうちょっとかみ砕いた説明をしている逮捕されない著作権法引用の項目を読んでみるとなるほどよくわかりました!

ぶっちゃけ”報道、批評、研究”の論文形式を取ればいいわけやね。

っちゅうわけでずいぶん長い間論文なんて書いてないけどこれから頑張って書いて行くことにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2004

”ヤクバター”ゲット!

ヤクバターをゲットしました。
(っちゅうても雌のヤクはディというので正確にはディバターというらしいがわかりやすいのであえてヤクバターと呼びます)

以前ラサに行ったときにタン茶を買ってきて『よし!家でバター茶を作ってみよ~!』と挑戦して、まずは雪印のバターを使ってみたが匂いが無く味もまろやかでちょっと違うものが出来てしまった。そこで『バターを自作してみよ~』ということで生クリームをシャカシャカ小1時間振って作ってみたがやっぱり違う・・・(腕が筋肉痛なったっちゅうねん!)

というわけで濃度の濃い”粉末ヤギミルク(ペット用)”を検討してた矢先に知り合いがゴールデンウィークにラサに行くので買ってきてくれるという申し出があった。

当初、ヤクバターは匂いが強いので、ベトナムからドリアンを密輸(笑)しようとして見つかって廃棄させられた経験から一度は断ったがそれでも決行してくれて我が手にそれはやってきた。

クール宅急便でやってきた小さな箱はその凶悪な香りを感じさせなかったが、箱>ジップロック>ビニール袋>ビニール袋・・・と一つ一つ開けて行く度に香りが増幅されて行き最後のビニール袋を開けると・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

batter.jpg


部屋中チベット臭。

”う~ん!この香り!!!”

今週末はいっちょバター茶作ってみようっと!美味しく出来るといいなあ~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2004

塔に降る雪

最近オークションやら古本のページでチベ系漫画を思いっきり買い漁ってて金額は大したこと無いものの部屋中が漫画だらけになってきたそんな中また新たな本を入手しました。坂田靖子さんの”塔に降る雪”です。

tou0.jpg

話はチベットのゴンパにある日赤ん坊が捨ててあってそれを見つけた坊さんが面倒見るうちに情が移ってきて・・・というような非常にほのぼのとした話です。チベ物はトンデモ系の多い中こういうのもあるんですね~。

また近日中にHPにUPします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 10, 2004

_| ̄|○ ・・・がっくり

数日前の話になるのだがハードディスクの内容がぶっ飛んだ・・・。

『データのバックアップ取るのにDVDをいちいち焼くのもめんどくさいからハードディスクを増設したれ!』

と思い立ちSATA、160GBのブツを買ってきてパソコンに増設してさて再起動してBIOS設定。

・・・ん?おかしい??立ち上がらない・・・??あれあれあれあれ・・・・

色々何度もやってみたけど事態はどんどん悪くなる一方なので、そのあたりの詳しい後輩を呼びつけいろいろ見てもらった。


『データがお亡くなりになってます・・・』


 _| ̄|○ ・・・がっくり


頭の中が真っ白になった。最後にバックアップ取ったのはいつだっけ??ホームページはダウンロードすればいいけど、まさか今までの旅行の写真は・・・??

おっ!そういえばあそこの旅行の写真はCDROMで人にあげた!こっちの写真は会社のパソコンにあるはず!(なんでやねん?)

というわけでここ半年分の写真の大半はなんとか復活させることが出来たが色々消えてしまったものも確かに多かった。

うむ!この世は、諸行無常、生滅滅已よのう・・・合掌。


・・・なんて悟れるわけないやろ!

バックアップとウィルス対策はきっちりやらにゃいかん!ほんと教訓になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2004

和製マニ車

岐阜県谷汲村の華厳寺にある和風木製マニ車を見に行って来ました。
大きさは高さ3Mぐらいでチベットに普通にある大型マニ車と同じぐらいですけど木製です。でも中にはお経がいっぱい入っていて、回るようになっているので基本的には同じものですな。
ただあまり回してないのか?芯まで木製なのか?とにかく重くてなかなか回らん!無理して回したら手すりの部分が壊れそう・・・ってあちこちすでに壊れてるやないか!

mani.jpg

誰か芯のとこにバター注いでくれ~!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 05, 2004

とりあえず

とりあえず今流行のウェブログっつうもんを始めてみました。まあ毎度のことながらどれだけ続くかわからんけどね。ちなみに写真はJR大阪駅内のポスターです。さすが大阪!!
7rin.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Main | June 2004 »