November 03, 2013

チベット・アムド旅行2013年夏(草原)

タシを通して連絡していた通りに遊牧民のお父さんが店までピックアップトラックで迎えに来てくれた。
車に乗ってそのまま草原に行くのかと思っていたら、まずは自宅に行ってマットレスと毛布を積み込んだ。どうやら私が泊まるために用意をしてくれたらしい。

ここでなぜ遊牧民の家族なのに町に家があるかというと、現在は家族のうちお父さんは遊牧民を引退して町で生活しており、お母さんは遊牧生活と町で交互に生活している。
つまり基本的に遊牧生活は、次男夫婦と三男に任されている。ただ後でわかった事だが面白いのは、三男は一度町の学校に通っていたのに卒業して、また遊牧生活に戻ったことである。結局町で生活するより草原の方が生活しやすいという事なのだろう。

タンコルの近くを流れる大きな河にかかる橋を渡るとそこはもう大草原。遊牧民の世界である。お父さんの話によるとテントまで20kmほどなのに1時間以上かかるというが、その理由はすぐにわかった。

Img_7676

一旦草原に入ってしまえば、道は他の車やバイクがつけた轍だけのガタゴト道。それだけならまだしも、小川を渡ろうとしても崖の高さが1m以上あって、そのまま車で渡れないので渡れる場所を探すことになる。お父さんにしてみたらちょくちょく行ってる草原だから渡れる場所はわかってるだろうと思ったが、地形はすぐに変わるし、渡れる場所は何台も車が通ると崩れてしまって今まで渡れた場所がすぐに渡れなくなってしまう。

Img_7723

それでもなんとか渡れそうな場所を探してエイヤと渡って行く。こんな所でスタックしたら誰も助けてくれないから慎重にそして大胆に小川を渡る。そうして広い草原を走っているとやがて遠くに白いテントが見えてきた。

テントに到着すると、お母さん、次男の嫁(当初三男の嫁と思っていた)、三男、そして3歳ぐらいの小さな女の子が迎えてくれた。

Img_7731
遊牧民の犬は怖くて有名だけどここの犬はおとなしくて良かった。

さっそくウェルカムティ。バター茶かと思ったら普通のタン茶(プーアル茶のようなお茶)にミルクを入れたミルクティ。町から持って来たお菓子もどんどん開ける。
しばらく、まったりとした時間を過ごすと、「さてやるか!」という感じで大きなテントから少し離れたところに小さなテントを建て始めた。これはどうやら私のために専用の離れの家を建ててくれるらしい。早速手伝って建て始めるが、ペグを打つハンマーが無いので手で地面に差し込むしかなかったのだが、鉄製でバリを取ってないペグはそのまま押しこむと手が痛い。それでも慣れているのか袖を緩衝材に使って押し込んですぐに完成。中に持ってきたマットレスと毛布を入れて我が家は完成した。

Img_7691
晩ご飯の準備中。

日も暮れてきたので家族はみんな忙しく働き始めた。男性たちはヤクの群れを集めるためにバイクや馬に乗って草原に出ていき、女性たちは晩御飯の準備。そして私の仕事は子守り役・・・。
晩ご飯は肉と野菜を炒めたものにてっきりツァンパ(日本の麦こがし)が出てくると思ったら白米だったのは日本人だということで気を使ってくれたのかもしれない。
たださっき生肉を包丁でミンチにしていた(これが大変な作業)のを見逃さなかったので翌日はモモが出てくることを期待した。

その後、家族団らんに紛れ込ませてもらって色んな話をする。(というか色々聞かれた)基本的にお父さん以外はまともな中国が話せないので会話出来ないのだが、それでも四川訛りが強くてお互いコミュニケーションギャップに苦労した。弟くんは町の学校を出てるので会話出来るかと思っていたらさっぱり何を言ってるのかわからないので、アムド語をしゃぺっているのかと思い困っていたら、最後には携帯に中国語で文字を打って見せてきた。
おそらく町の学校では強烈な四川訛りで勉強して普通語は使えないのだろうけどそれでも携帯で漢字を打てるというのは、どうやってるのか不思議である。
しかし中国政府はやたらチベット人に対して中国語教育に熱心なくせに相変わらずの片手落ち。どうせ四川省の一部でしか通用しない四川訛りの中国語教育ならチベット語で教えても一緒じゃないのか?

疲れていたので、さて先に寝るかと挨拶して席を立とうとしたらお父さんに怒られた。『寝る時はみんな一緒に寝るんだ!』なるほど家長の言うとおり。それがここのしきたりならいくらでも従います!
やがて夜もふけ家長の判断でみんな寝ることになったので自分のテントに戻る。空を見上げると満天の星空で星がむちゃくちゃきれいだった!

翌朝は6時頃から、男性はヤクを草原に送り出し、女性はディ(ヤクの雌)の乳搾り。そして私は、その間はまたもや子守役・・・。

Img_7716
一番大変な肉体労働かも?

乳搾りは当然機械は使わず手を使うのでけっこう大変そう。その乳を集めて少し温めてから、電動の遠心分離機にかける。一昔前ならドンモで撹拌して分離させていたはずだが、数年ほど前から太陽光発電が普及して遊牧民も生活が一変した。『ドンモは使わないの?』と聞くと『ドンモはもうだいぶ前に捨てた!』という返事。
少し寂しい気もするが、こういう事で遊牧民という文化が保たれるなら歓迎するし、遊牧民の生活に憧れる部分もある。

Img_7736
遠心分離器でバターとチーズ作り。

Img_7726
今や太陽光パネルは生活必需品。

Img_7728
でかいトラック用のバッテリーが2台。

Img_7730
さすがにTVの電波は届かないけどDVDは見られます。

早速、お腹を壊すかな?と少しドキドキしながら搾りたての生のミルクを頂く。普段日本で飲む牛乳に比べてバターっぽい匂いと味で無茶苦茶うまい!バターもこってりした獣臭があってこれまたうまい。
分離させたもう一方を原料としたチュラという乾燥チーズの乾燥する前の柔らかい状態のものも食べてみたが、これはさすがに美味しくない。味がないオカラという感じでモソモソした感じだけど、味をつけたらけっこう美味しく食べられるかもしれない。

Img_7738
鞍をつけない裸馬に乗れるのはうらやましい。

遅い朝ごはんは、茹でたヤク牛の肉の塊。骨付きをナイフで削ぎながら食うのだがこれだけでかい肉を食う機会は日本では少ないと思うけどちゃんと肉の味がしてうまい!

Img_7746
にく。

飯を食ったらテント内で家族揃ってゴロゴロ。天気もいいし、風が通って気持ち良い。夏場だけなら遊牧民の生活は非常にあこがれる。

時間もあることだし、弟くんのバイクの後ろに乗ってヤクの見回りに行くことにした。
ヤクの群れは周りに住んでる遊牧民のも含めてあちこちにいるが、どれが自分の家のヤクかすぐわかると言う。また群れが交じることはなく、ちゃんと分かれているらしい。そんなヤクの群れの近くでバイクを降りるとなぜかヤクの群れに囲まれた。普段ならヤクに近づくと逃げられて、なかなかまともな写真を撮らせてもらえないんだけど、ここは特別で外国人が珍しいのか?後から後からどんどん集まって来て少し怖い。こちらから何かしない限りは何もしてこないけどあの巨体にぶつかられたら一溜りもないだろう。

Img_7765
こんなにヤクに見つめられたのは初めて。

Img_7767
後から後からどんどん集まってくる。

テントに戻ってしばらくしたら早い晩ご飯を出してくれた。ヤクのモモ(チベット餃子)である。待ってました!!これがとにかく肉汁たっぷりで無茶苦茶うまい。チベットでも町中ではこれだけのモモはなかなか食べられない。もうお腹いっぱい・・・と行きたかったがこの時は高山病で体調悪くて食欲がいまいちだった。日本に持って帰れるものなら持って帰りたかった。

Img_7775
モモうまかったっす。

さて、そろそろ帰る時間が近くなって、我が家も撤去。自分の荷物の他にマットレス、毛布、そしてゴミのいっぱい入った袋を積み込んだ。確かに町から持ってきたお菓子とかペットボトルとかのプラスチックゴミはどうするのか気にはなっていたが、ちゃんと大きなゴミ袋に入れて町まで持って帰る事に感心した。確かにビニール袋なんかをヤクが食べると危ないもんね。ちゃんと最近は環境の事も考えて遊牧民やってるんだなあ。

こうして、初の遊牧民体験は終わった。
以前は、政府の定住化政策でカムやアムドの遊牧民はほとんどいなくなってしまってるんじゃないかと思っていたが、実際に行ってみると、自分がいたテントからぐるっと見渡すと10軒ぐらいのテントと大量のヤクの群れが見えていて、まだまだこの地域には遊牧民が根付いているのを感じた。
弟くんのように町の学校を出てから町で働かず、遊牧生活にUターン。当然中にはそのまま町に出たままの人もたくさんいるだろうけど、文化が継承されている事がわかって安心した。

Img_7744
ご近所さん。黒いのは昔からあるヤクの毛で編んだテント。

タシにこの話をしたら『遊牧民がいなくなったらチベット人はみんなバター茶が飲めなくなるよ!』と言われて納得。確かに日本と違って牧場で牛を育てているわけじゃないので、バターの消費が多いチベットでは足りなくなってしまうだろう。

中国政府は表向きは、遊牧民は生産性がないとか、文化的では無いという理由で、遊牧民を減らすために家畜を買取ったり、家を提供したりして定住化を勧めている。ところが実際には、チベット人を政府の管理下(監視下?)に置きたいとか、納税させる為に定住化をさせようという魂胆がある。

実際に政府の甘言に乗せられて、遊牧生活を辞めて町で生活を始めたが仕事がうまく行かずに生活に困って犯罪に手を染める者もいて、新たな社会問題になっているという話を聞いた事がある。

当然ながら遊牧民が自分の意志で遊牧民を辞めて町の生活をしたいと言うなら止める理由は何もない。しかし、政府が強制したり、騙し討のような形で町で定住生活をさせるというのは、非常に問題がある。

ただ中国政府の政策が無くても今後遊牧民が減って行く事に間違いはない。それは出稼ぎだったり、日本の農業離れ同様に”豊かに見える”町の生活に憧れる若者は多いからだ。
だったら、ただでさえ地方からの出稼ぎで都会の人口が増えて問題になってるんだから、遊牧民も含めて自給自足が出来る人達を保護する政策を行えば少しは問題解消になるんじゃないかと思う。

もうちょい続く・・・かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2013

チベット・アムド旅行2013年夏(タンコル)

ゾルゲでガワ(アバ)行きのバスに乗って2時間弱走るとやがて大きな馬のモニュメントとガソリンスタンドが見えてきた。他には小さなお店だけポツンとあるだけの分岐点。そこでバスを降りた。

Img_76391
 
Img_7638

ここからタンコルの町の中心まで約3km。だがバスを降りたのは自分1人だけでここには誰もいない、タクシーももちろんいないので仕方ないと町まで歩き始めた。

今回、なぜチベットのこんな片田舎のタンコルという町に行こうとしたか?その目的は、日本に住んでいるチベット人の知り合いが遊牧民をしていて宿泊させてもらえる事になっていたからだ。
今までに遊牧民のテントに遊びに行ったことはあったが、泊まって1日の生活を体験したいと以前から思っていたのと、最近の中国政府による遊牧民の定住化政策で遊牧民が減っているという話を聞いていたのでこのチャンスを逃すと後は無いかもしれないと思っていたからである。

そしてまず目指すのはその友人であるタシ(仮名)のお店だった。彼がその仲介をしてくれる事になっていたので彼のお店に行かなければ遊牧民のテントにはたどりつけないのである。

Img_7641

分岐点からしばらく行くと左手に大きな川、右手には同じような新築の白い家がたくさん建っていたが、どれもまだ人が住んでいない様子だった。「これは政府主導の遊牧民の定住化政策のための家だろうな」と思いながら道を進んでいると、後ろから来た車のドライバーに声をかけられた。

『どこまで行くんだ?』
 
タシのお店の名前を告げると『知り合いだから乗せて行ってやるよ!』という申し出だったが、交通機関の乏しいチベットではよくある事だし、町へ向かう一本道だったので断る理由も無く、お言葉に甘えることにして車に乗り込んだ。
 
しばらく走るとやがてタンコルの町が見えてきてお店に到着・・・と思ったらシャッターが閉まっているので隣の店主に聞くとまだ来ていないらしい。そこでドライバーが電話をかけて聞いてくれた所、どうやらまだ寝ていたらしく家まで送ってくれる事になった。これは非常にありがたい。歩いて来てたら途方に暮れていたところである。
 
家はすぐ裏手にあり車ですぐに着いた。平屋だがけっこう広そうな家の前にはチベットではよく見る赤いホンダのバイクが一台止まっている。
 
タシに早速話を聞くと、普段ならお店を開けている時間だけど、前日に100KMほど離れた町にバイクで行った帰りにバイクが壊れてしまって帰るのが遅くなったらしい。ではなぜそんな町まで行ったかと言うと現在、四川省アバ県内はすべて国際電話もインターネットも政府の規制で使えない状態にあるので海外と連絡を取るために隣の県まで行く必要があったのである。
 
この情報は事前にある程度は知っていた。ここ数年続いている中国政府への抗議行動によるチベット人の”焼身自殺”がアバ県に特に集中しているため、安易に写真やビデオを海外に流出させたくない中国政府が、海外とコミュニケーションを取らせないための規制である。そういえばゾルゲの町でもインターネットカフェを一軒も見なかった事に気がついた。

しかしそんな状況でもなぜかスマホの普及率はすごい。これは成都にいた時にも思ったけど、iPhone、GALAXY-S4、HTC ONE等最新機種をみんなが持っている。日本と中国の収入の差から言うと日本なら50-60万円ぐらいの価値があると思うけどみんな借金して買っているんだろうか?
 
Img_7668
 
Img_7665    

時間もあったので早速町を歩いてみたがゾルゲに比べたらのどかな感じはするものの、どの建物も新しくて看板のデザインも統一されている。どうやらここ数年で観光客の誘致のために一気に町を作り上げたようだった。ただゾルゲのような大きな町に比べたら、まだ人の割合はチベット人の方が多数派のように見える。

町のはずれまでやって来るとまた新しい住宅街があり、遠くに金色の屋根が乗ったお寺、ソクツァン・ゴンパが見えて来た。タンコルの町には特に見るものもなかったのでこのお寺ぐらいしか観光出来そうな所はないだろうなと思っていたら、後日その日がやってきた。
 
その日は、昼からタシのバイクに乗せてもらってこのソクツァン・ゴンパに連れて行ってもらった。
長い一本道を2人乗りのバイクでトコトコ走る。昔だったら馬だろうが最近のチベット人の足はもっぱらバイク中心。特徴は小さな絨毯がシートに乗せてあること。これって馬の鞍の感覚なんだろうなあ。

走っていると途中に検問所はあったが特に機能はしていなかったので、面倒くさい事にならないと一安心。しかしタシはお寺を通りすぎて少し離れた所にバイクを止めた。そして、お寺を見下ろすことの出来る丘を登り始めた。とりあえず遠くから眺めてからお寺に行くんだろうか?と思っていたらおもむろに話を始めた。

Img_7778

『7月にこのお寺で焼身自殺があったので今は中に入らない方がいい。中に私服警官がいて外国人が行くと色々聞かれるから面倒だ!』

7月にアバで焼身自殺があった事は知っていたけど、まさかこのお寺での出来事だったとは知らなかった。後日調べてみたらこれを書いている9月中現在、120人目でチベット本土では最後の焼身自殺者である僧侶のクンチョク・ソナム(18歳)の事だった。

Tatua_2


Img_7786

チベットのニュースを発信しているブログ、チベットNOW@ルンタによると知り合い数人が、当局による不当逮捕で行方不明になっている事が原因の1つと考えられているらしい。また彼の自殺により周りの人達も連行され行方不明になっているようだが、結局こういう事によりまた負の連鎖が続くことに当局は気がつかないのだろうか?
 
確かにチベットの町は大きく、新しくなり、成都あたりから車に乗ってやってくる中国人観光客がお金を落としてくれて、チベット人にとっても生活は若干豊かになって来たように見える。一方、宗教、教育、環境等によるチベット人への締め付けは増々ひどくなる事から、苦しみぬいて行う抗議の焼身自殺は後を絶たない。
 
これまでにチベットでの焼身自殺に関してはインターネット上のニュースで写真や映像を見るぐらいしか無く、大変な事が起きている事はわかっているものの実感としてはあまり無かった。しかし実際に自分の目の前にあるのどかなお寺で1ケ月ほど前にそんな事があったという事実に直面してみると、悲しみとやるせなさだけしか無く、とにかく遠くから手を合わせて冥福を祈ることしか自分には出来なかった・・・。
 
チベットNOW@ルンタ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 31, 2013

チベット・アムド旅行2013年夏(成都~ゾルゲ)

早朝、成都の宿からタクシーで郊外の茶店子バスターミナルに行ったが、このあたりまで来ると昔とあまり変わってないような感じがする。
6時から切符の売り出し開始ということで扉が開き、急いで切符売り場に行って「ルオーガイ(ゾルゲの中国語名)一票(一枚)!」と言うと「没有」という答え。

「え?売り切れ?」と聞き直すと周りの人が、そうじゃなくてバスの便が無いと教えてくれた。どうやら当初懸念していた通りに7月初の洪水のせいで交通網が麻痺しており、まだまともにバスが走っていないという状況らしい。

こうなった時にどこからか現れるのが、闇バスの客引きである。ついて行ってみるとターミナルの端にワゴン車が止まっておりすでに何人か乗り込んでいた。金額はバスよりちょっと高かったが他に手段もないので乗り込み、やがて出発。

数時間走ったところでかつて四川大地震のあった汶川のあたりに近づいて来たと思ったらいつの間にか立派なバイパスを走っている。10年ほど前に来た時はこのあたりはのどかな川沿いの道だったと思うが、2008年の地震後に埋まった町の上に無理やりバイパスを作ったようである。

Img_75501_2
最近まで土砂で埋まっていたバイパス。

Img_7561_2
崩れた橋と家。

やがて、渋滞につかまり停車。はるか先には地滑りの跡が見える。今日中に着けるんかいな?と思っていたら、交互通行になっているらしくやがて車は動き始めた。

汶川の町でなぜか立派なバスに乗り換え。以前、中国のバスはバス会社が持っているんじゃなくて、バスのオーナーがバス会社にバスを貸していると聞いたことがあるが、非常時なので結局バスオーナーが闇バスをやっているということだろうか?

その後は順調に、茂県、松潘を抜けて行く。このあたりは、チベット系チャン民族の住むエリアで何に使っているのかよくわからない石積みの高い塔が立っていて、のどかな村が多いエリア・・・のはずだったが、かの有名な九寨溝に続く道のせいか今はどこも観光化されすぎてその面影は一切無くなっていた。

Img_7575

Img_7568
寒村が今や観光名所になっている。
Img_75741_2
途中で見つけた看板「仏陀の中国共産党万歳」って・・・??

川主寺の分岐を過ぎれば、やがて大草原が見えてくる。4年ぶりに見る風景に久しぶりの友達に会った気分で口元がにやけてしまう。

その日の夕方には無事にゾルゲ到着。途中でいろいろあって順調ではなかったけど昔はバスがパンクやら壊れるのはあたりまえだったので、それに比べたらずいぶん順調に着いたように思える。
 
Img_75971_2
メインストリート。こんな感じだったっけ?

Img_7633_2
町中にはソーラー充電式の街灯もある。
 
早速、安くて居心地のいい宿を見つけて荷物を置いて町を散策。10年前は写真をあまり撮っておらず記憶もあやふやなので「こんな町だったっけ?」という感じ。とりあえず前にも行ったことのある郊外のタツァゴンパの大量のマニ車を回しに行く。
自分の知る限りこれ以上マニ車が続くお寺は無いのでこの際だからと数えながら回してみた所、壊れているのを除いて全部で1145個。まあ大変でした。
Img_7600

Img_7601_2

Img_7609_stitch1_3
この一周全部の通路にマニ車が収められている。
ゾルゲの町を散策していて1つ気がついたことがあった。それはモモが食べたいと思ってチベットレストランを探してみたらほとんど無いことである。1軒だけ見つけたが高そうな店だったので入るのを躊躇したのだが、他はどこも中華料理の店ばかり。当然チベット人もそこで食べている。確かに中華料理に比べてチベット料理はバリエーションに乏しいとか、元々外食の文化があまり無いとかあるが、ここまで無いとは流石に驚きだった。
町自体が大きくなって、多くの観光客がやって来てお金を落としてくれるのはチベット人にとっても悪いことでは無いとは思うが、それにより文化的な一面が欠落して行くのは悲しいことに思う。

次回は、タンコルの町です。
 

| | TrackBack (0)

August 19, 2013

チベット・アムド旅行2013年夏(成都)

4年ぶりの成都は驚きの連続。

そもそも空港に着いたもののターミナルがでかくなりすぎて以前がどんなだったかわからん状態。そしていつもの303路のバスに乗って中心に向かっても、高層ビル群で見上げてばかり。どんなお上りさんなんだか・・・。
今回の成都の宿は、”Mr.パンダGH”をbooking.comで予約していた。昔なら”交通飯店”、最近なら”Sim'sGH”とか武侯祠の”夢の旅GH”というところなんだけど、最近出来たここは地下鉄の駅近で便利そうだったから決めた。ただ早朝から地下鉄がつながっている茶店子バスターミナルに行くのに便利だと思って決めたものの、調べて見たら地下鉄の始発は6時半ぐらいで7時発のバスには間に合わない事が判明。使えんやん!
ただ、ここはまだ日本人客は少ないので珍しがられた上にスタッフ(半分ぐらい遊びに来てるだけじゃないか?)がみんなフレンドリーで楽しかったので次回も使わせてもらうことにする。
Img_7843
成都の街をぶらぶらする。街の中心にある広場は、4年前は工事ででっかい穴を掘っていたのを見たけど今回行ってみたら地下鉄の駅になっていて上は噴水だらけ。しかし共産党の象徴の広場をこんな風にしたら集まれんやん。あ、今は集まられると困るんだっけ?
Img_7540
広場から南を見るとビル群!変わったよなあ。
Img_7545
そして、いつかは泊まろうと思い、泊まってみたら大した事なかった錦江飯店は健在。ただ向かい側にあった民航オフィスはなんと芝生になっていた。まあ元々どれが民航オフィスなのかよくわからなかったからいいか。
Img_7818
そして武侯祠のチベ人街。
スクランブルは今日も警察車両!最近は真四角の移動交番が流行ってるようです。
しかし3台はいらんだろ。
Img_7860
商店街は日用品屋が以前に比べたらかなり減っていた。その分異様に増えていたのは仏像屋。全体の2~3割は仏像屋じゃないかと思うぐらい。しかもお寺が買って行くのか置いてる仏像がこれまたでかい!
店員に聞いてみたら「最近景気がいいからねえ~」って景気がいいと仏像が売れるのか?
Img_7852
あと増えていたのは衣装屋さん。しかもド派手でステージ衣装だと思う。そんなにナンマ増えてるのかな?
Img_7851
ただその仏像屋が増えていたおかげで何年も前から、ず~っと探し続けていたタントンおじさんにようやく出会う事が出来ました。金額的にはネパールの倍ぐらいだと思うけどこれを逃すと2度と会えない気がするので有り金をはたきました。
Img_7862
また今の流行りは”バター風ローソク”。パッケージを見たら”植物性”とか書いてあったからこれは”マーガリン灯明”だろうか?現物はお菓子のような甘い匂いがするけど、火をつけたら無臭だった。
Img_7857
次回は、アムドの町をレポートします。

| | TrackBack (0)

January 12, 2012

チベット犬物語~金色のドージェ~

成人の日にチベオタ界で話題騒然の”チベット犬物語・金色のドージェ”見てきました。
一緒に行ったのはチベオタ日本人2名とチベット人2名(アムド出身とカム出身)

映画のストーリーとしてはどちらかと言うと子供向けだけど、映像は日本中心に作られたアニメらしくかなり作りこまれていてきれいでチベットの風景そのものでした。
しかし、映画が終われば当然そこはチベオタとチベット人連合のつっこみ大会。これがまた自分も気がつかなかったようなことがちょこちょこ細かいのがありました。

とりあえず覚えているだけでもいくつか紹介。

・チベットの話なのにお寺も坊さんも出てこない。(時代設定が文革中?)
・長老がチベットのお経じゃなくて漢字の本を読んでいた。(たまたま?)
・長老の家が山の上にあったけどあそこはお寺の場所じゃないの?(文革中なので元お寺?)
・犬は羊は追わない。西洋の牧羊犬じゃないんだから。(設定上お礼のつもりらしいし)
・犬はテントで寝させない。絶対に外。(まあ怪我してたし)
・犬は放し飼いにしない。家を守るのが役目。(あれだけ野放ししてたら無茶苦茶怖いわ)
・馬がでかい。チベットの馬ってもう少し小さかったはず。
・男性は赤いダシェを巻いてカムなのにメイドラム?はアムドっぽい。(彼女はアムドから来たということで)
・ドンモでかすぎ。しかも片手で混ぜてた。(メイドラムは力持ちということで)
・メイドラムなんて名前はチベットで聞いたことがない。(メトドルマかメトラモの間違い?)
・熊は草原にはいない。森の中にいる。(日本でも町に出てくることあるし)
・ロッパ族(モンパじゃなかった)が住んでる場所とカムは離れすぎなので簡単に行けない。(ずいぶん遠いところまで行ったんだね)
・遊牧民はあんなに早くしゃべらない。(日本にいるチベット人はみんなよくしゃべる)
・表情が日本人っぽい。(・・・・。)

色々残念な部分はあるけどつっこみも許せるような内容ばっかりなのでそれだけ完成度は高かったということか?
祭日で観客は200人ぐらいの映画館に50人ぐらいでした。とりあえずいつ終わるかわからないので行くならお早めにどうぞ。

Img_6592_2
抽選で当たったパンフ。主演声優の濱田くんの字が・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 05, 2010

3月の関西でのチベット関係のイベント

3月は関西でもチベット関係のイベントが”てんこ盛り。

そんな中、私も21日に出演しますのでお時間ある方はご参加ください。

◆3/7(日)
   バイマーヤンジン(ペマヤンジェン)講演会
   @寝屋川市立中央公民館
◆3/10(水)
   チベットを知ろう、祈ろう@大阪
   宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会
   16:00~@ミナミで僧侶によるピースウォ-ク
   18:00~@チャクラ(北浜)祈りの集い
◆3/12(金)~3/14(日)
   チベットの真実を知るドキュメンタリー特集
   ~2008年を忘れないために~
   @神戸市映画資料館
   チベット映画上映(チベット騒乱の真実、ジグデル他)
◆3/14(日)
   3.14大阪フリーチベットデモ
   @大阪ミナミ
◆3/14(日)
   バイマーヤンジン(ペマヤンジェン)講演会
   @兵庫県たつの市 赤とんぼ文化ホール
◆3/20(土)~3/28(日)11:00~18:00
   チベット祈りのかたち展vol.2
   @大阪府堺市 ぎゃらりぃホンダ
   美術品、アクセサリー、工芸品の販売。ライブ(3/27)。
◆3/21(日)
   「チベットってどんなとこ?
   映画上映&チベットの今を語る対談会
   @大阪市立中央青年センター
   映画上映、対談(
※風来坊出演予定
   チベット音楽ミニライブ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 11, 2010

サピオに法王の記事/アポ・アワン・ジグメのこと

現在発売中の雑誌SAPIOにダライラマ法王のインタビュー記事が載ってた。

2300401110

その中で実際に私も気づかずに使ってたけど”チベット亡命政府”という呼称は適当で
は無く”チベット中央政府”というのが正式な呼称になるのですね。以後気をつけます。

あと驚いたのは”一番感銘を受けた人物が毛沢東”というのはどういうことなんだろうか?その前後に続く言葉がありそうだけどそこまで書いてない。”会った当初は・・・”とか”今は・・・”とか無いのかな?

それと最後にある”日本政府に何も望むことはない”というのは、どういうことなんだろう?法王のことなので嫌味で言ってるつもりは無いだろうし、これは日本人としてはなんとも凹む言葉ですなあ。

---------------------------

もうだいぶ前だけどアポ・アワン・ジグメ(ンガプー・ンガワン・ジグメ)が亡くなった。

映画セブンイヤーズインチベットの中では、チベットを中国に売った裏切り者で怒ったハラーがもらった服を返すというくだりがあったが、その反面ダライラマ法王の著書の中では”アポでさえ避けることが出来なかった”と擁護するようなことが書いてあったので以前からいったいどっちが真の姿なのだろうと気になってウィキペディアを読んでみたら、まあ中立的な書き方ではあるけどどちらかというと親中国的な立場であったようである。

Xin_5130906021025140122965

では当のチベット人はどう思っているのか気になって、知り合いのチベット人にどう思うか聞いてみたら今では裏切り者とは思われていないということだった。

昔は、武器庫を爆破して逃げたとか、勝手に中国と17ケ条協定を結んだとかで裏切り者としてチベット人から嫌われていたけど、その後本人が「武器庫は奪われる前に爆破した」「17ケ条協定は後ろから銃をつきつけられて調印した」というような発言をしたことで見直されたという。

67606b018e15ecd4bff160c2b4b5816a

同様に前のパンチェンラマ10世も当初は裏切り者として嫌われていたけどその後の発言で見直されたこともあった。

まあチベット人でもいろんな意見はあるだろうけど、今回のことでものの見方は一方からじゃダメやなと実感ですわ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 07, 2009

納涼!チベット落語「チョビット・チベット」in 神戸のお知らせ

神戸でプロの落語家によるチベットをネタにした落語の会が行われます。先日大阪でも行われたのですが聞き損ねたので今回こそは聞きたいですね。

-----------------------

納涼!チベット落語「チョビット・チベット」in 神戸

日時: 2009年7月25日(土)開演19:00 開場18:30
会場: The Energy Open Center
     〒651-0084 神戸市中央区磯辺通4-1-8 ITCビル1階  

料金: ¥2,000 (収益が出た場合は、チベット難民の自立支援活動資金にさせていただきます)

---------------
徳島在住、体重100kgの落語家、桂七福さんが挑戦する
「なにわ発・世界初」チベット落語@神戸

- わらいはせかいをひらく! -
どんな逆境でもユーモアを忘れないチベットの人たち。
まずは主人公、喜六と清八と共にチベットを旅しませんか?

「チベット落語?深刻な大きな問題を笑う?」
そう思われるかもしれません。お叱りを受けるかもしれません。
しかし、賛成も反対も批判も有り難く頂戴しながら、
どんな逆境でもユーモアを忘れないチベット人気質を見習い、
共苦に慈悲の尊さを重ねる共感の場になればと願います。

----------------------

*チベット落語「チョビット・チベット」とは?*

2008年10月より2009年4月まで「落語deチベット」実行委員会を中心に、専門家をふくめた勉強会が大阪で7回開かれた後、実現にいたりました。2009年4月の大阪、5月の長野に続き、3度目の公演となるチベット落語@神戸。桂七福さんの並々ならぬ努力と共に、陰となって支えてこられた人々の思いの結実といえるチベット落語です。

チベット問題を限られた言論の空間や、「高度」な議論の場、マニアの世界から、お茶の間や庶民の井戸端会議の場に引っ張り出そうという願いが込められています。

ぜひ、神戸まで足をお運び下さい。

-----------------

729tatenaga_4  桂七福プロフィール
1965年徳島県出身。身長181cm体重100kg。平成3年桂福団治の弟子となり、作家藤本義一氏により桂七福と命名。
古典落語50本以上の持ちネタとは別に、オリジナル創作落語など多数。現在、ラジオ・テレビのレギュラー出演、天満天神繁昌亭の寄席から田舎の公民館までこなす精力的で幅広い活動を展開中。

【主催】TIBEtのまど (協力:国際援助協力会レイライトジャパン)

【問合わせ・予約】
*要予約* 会場管理のため、お電話orメールでのご予約をお願いします
受付「エナジーオープンセンター」
TEL☎:078-891-5030
MAIL: info@teoc.jp
 
【その他】
無農薬野菜のお弁当販売(数に限りがあります/なるべくマイ箸をお持ち下さい)ほか、チベットグッズ/無農薬野菜の販売もあり

フライヤーPDFダウンロード

今回、神戸でのチベイベである”TIBEtのまど”は第2回目。前回は拷問の犠牲者の朗読とポタラカレッジのクンチョク先生による講座でしたが、参加者は少なかったものの非常に濃い内容になりました。この勢いで第2回、第3回と続いて欲しいものですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 08, 2009

祝福王

もうネタ切れかと思ってたらひさびさにチベマンガの発掘です。

知り合いの坊さんから「最近買った”祝福王”という漫画の舞台がブータンなんですよ」と教えてもらいました。この坊さんは私のブログ見て言ってくれたんだろうか?

とりあえずインターネットで検索してみたら表紙からモロやん。というわけで早速買おうと思ったらコミックス化は1991年なのでもうすでに絶版だったので古本で全巻購入。

Shuku1_4

スト-リーとしては、ある大きな家の養子になった子供が祖母に連れられてブータンに行った時に舞を見せることで奇跡を起こすことから、その後青年になり新興宗教の教祖となって、神の生まれ変わり?を自覚して行くといったような感じです。

なかなか話が面白いもんで一気に全部読んでしまいました。

この”たかもちげん”という作者は学生の頃だったかな?”代打屋トーゴー”という漫画をよく読んでました。

しばらくこの作者の漫画を見てないなと思ってたら2000年に癌で亡くなっていたんですね。

ご冥福をお祈りします。

Shuku2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 14, 2008

飼いユキヒョウ

猫として飼われていた国家級保護動物とは…―新疆ウイグル自治区

2008年11月12日、亜心網によると、新疆ウイグル自治区の牧畜民が、草原で2匹の“子猫”を拾い飼っていたが、成長するとまるで豹のような姿に…専門家の鑑定で国家1級保護動物の「ユキヒョウ(雪豹)」と判明した。

ユキヒョウと知らずに“猫”を飼っていたのは、伊寧県郊外の村に住み牧畜業を営む張(ジャン)さん。今年5月、張さんは放牧をしている際に拾った“子猫”2匹を連れて帰り、家でペットとして飼っていた。ところが、成長するにつれて“猫”はみるみる大きくなり、まるで豹のような姿に。「これは猫ではないのではないか」とは思ったものの、ユキヒョウを見たこともなく、何となく変だと思うばかりだった。

ところがある日、張さんの飼っている羊が“猫”に喰い殺されるという事件が起き、さすがに張さんも「おかしい」「猫ではなく、やはり豹なのでは」と思い、専門家に鑑定してもらったところ、国が1級保護動物に指定しているユキヒョウであることが判明。現在、体重は15kgほどで、毎日4~5kgの肉を与えているが、「エサ代だけでもかなりの負担で、もう飼い続けられない」と話しているという。

しかし、ユキヒョウは保護動物にも指定されるほど貴重な動物。売るわけにも、捨てるわけにもいかないため、現在もこの2頭を飼い続けているが、ほとほと困り果てているという。(翻訳・編集/岡田)

Yuki

ウィグルにも雪豹がいるんですね。餌代がむちゃくちゃかかるということなので結局動物園に引き取られてしまうんだろうか?でも出来たらなんとかして自然に帰して欲しいもんですね。なんせユキヒョウはチベットの象徴的な動物だから彼らだけでも囚われの身にはなって欲しくないもんですな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

«世界に広がるチベ漫画